画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●顔認証だけじゃない

NECは11月9日〜10日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにおいて、プライベートイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2017」を開催中だ。地下2階の展示会場では、約60の製品・ソリューション・サービスを展示している。ここでは、同社の得意分野である顔認証を中心に、生体認証ソリューションを中心に展示物を紹介する。

○スマホの次のデバイスはヒアラブル?

同社が次世代のデバイスとして紹介していたのが、イヤホン型のヒアラブルデバイス(無線イヤホン)だ。

イヤホン機能のほかに、マイク、光学センサ、モーションセンサ、地磁気センサを搭載。通信機能としては、Bluetoothをもつ。耳穴からの反響音特性を利用した耳音響認証により生体ワンタイムパスワードで本人認証ができ、脈波・呼吸パターンにより、感情分析ができるという。

また、屋内地磁気を利用した屋内測位にも利用できる。一度、屋内を歩いて地磁気マップを作成する必要があるが、Wi-Fiやビーコンなど新たな設備を追加することなく、屋内の位置を測定できるのが特徴だという。現状の精度は約2mだ。

そのほか、モーションセンサーにより、歩数・姿勢・運動量を測定でき、ヘルスケアや見守りサービスに利用できるという。

用途としては、スマートキー、音声リモコン、パーソナルアシスタント、ドライバーの体調モニタリングなどは考えられるという。同社では2018年度の事業化を目指している。

NECはAPIを提供することを主目的にしており、デバイス開発を含めて他社利用を想定している。

○音で異常を検知

会場では、悲鳴やガラスの割れる音などにより、異常を検知しようという研究も紹介されている。映像には映っていないが、何か異常が起こっていることを音で検知しようというものだ。悲鳴やガラスの割れる音を何パターンも取込み、その中の成分を抽出することで、対応できる音の範囲を広げているという。

工場などの設備の異常音を検知して、故障を事前に検知することも可能だという。

音は別途装置を設置して収集するのではなく、監視カメラのマイクを利用することを想定しているという。

○虹彩を利用した決済

虹彩で本人を確認して、決済に利用しようとソリューションも展示されていた。顔認証に比べてより精度を高く認証できる点や、マスクをしていても認証できるというのが顔認証に対するメリットだという。一方、カメラに近づかないと認証できないというデメリットもある。

同社では、プールやスパ、スポーツジムなど、貴重品を所持していない場所での利用を想定している。

○顔認証を利用した手ぶら決済

展示会場では、未来の店舗を想定した顔認証を利用したスマート決済を紹介。店舗入り口で本人を顔で認証。店舗内で商品を棚から取ると自動的に掲載カートに課金されていき、棚に戻すと課金が自動で取り消される。これは、商品の下に置かれた重さを検知するセンサーと、棚の上にあるカメラの2つで識別する。そして、出口では顔認証で合計金額があらかじめ登録されたクレジットカードによって決済されるという仕組みだ。

商品を手に取ったが、結局、買わなかったといった情報もわかり、マーケティング施策にも役立てることができる。

●スマートシティに向けて

○視線で怪しい人物を特定

遠隔で視線の方向を検知し、下見行動を検知して不審者を割り出す「遠隔視線推定技術」も展示。この技術は顔特徴点検出技術を用いて、視線検知に必要な目頭や目尻、瞳など目の周囲の特徴点を正確に特定することで、通常のカメラのみで上下左右5度以内の誤差となる視線方向の検知する。カメラと対象者が10m離れた位置からでも視線検知が可能だという。

複数の人の視線を同時に推定可能で、もっとも多くの人の視線を集めた商品を大きく表示するなど、デジタルサイネージ用途でも利用できるという(上図)。

○最大50人を同時に認証

NECが今年の7月に発表した顔認証AIエンジン「NeoFace」を搭載した顔認証専用サーバ「NeoFace Acceleratoror Platform」も紹介。リアル映像から同時に最大50人の顔認証が可能で、その中から登録された危険人物を割り出すことができる。

○スマートシティ向けのPoCを海外で実施

会場では、シンガポールと米国で実施されている顔認証を利用したスマートシティ向けソリューションのPoCも紹介。

シンガポールでは、うろつきを行っている不審人物の特定や不審物を検出してアラートを表示する実証実験を行っているという。

うろつきは、複数のカメラで一定時間、特定の場所に滞在し、不審な動きをしている人物を検出。また、要注意人物とされている人と一緒に行動している人物を監視対象にするべく、タグ付けを行い、今後の監視対象にする実験も行われている。

そのほか、一定時間置かれたバックを不審物として検出してアラートを出すという。

米国のダレス国際空港では、飛行機の搭乗口に顔認証端末を置き、搭乗時にチケットをかざすと、本人確認を行う実験を行っている。これは、米国からの出国者の身元を確認するための連邦政府による生体認証を活用した出国プログラムの実証実験の一環で行っている。

○AIで交通費を自動精算

働き方改革のコーナーでは、AIにより交通費を自動精算する「AI for Work Shift Support」を参考展示。

Outlookに登録されたスケジュールを取り込み、AIがそれに基づいてQ&Aを行う。それによって、会議が社外の場合、その場所を自動的に特定して、スケジュールに移動時間をプラスするほか、交通費精算の候補も表示。OKすると、そのまま決済に進めることができる。