©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

11月6日(月)から「恩人に感謝スペシャル」と題して放送されてきた『徹子の部屋』。

その最終日となる11月10日(金)は、落語家としては最高齢の桂米丸と、『突撃!隣の晩ごはん』でお馴染みの弟子・ヨネスケが登場する。

©テレビ朝日

ヨネスケは、米丸の最初の直弟子として19歳で入門。落語より立ち振る舞いを教えたという米丸は、左利きだったヨネスケを右利きにさせ、それが後のグルメリポーターの仕事に役立ったという。

また、7年前に他界したおかみさんも優しい人で、貧しいヨネスケのために毎日手弁当を作ってくれていたそうだ。

番組では、そんな師匠夫妻にあてた手紙をヨネスケが読み上げる。

©テレビ朝日