検査結果を過信してはいけない

写真拡大

 健康診断において血液検査の結果は、重要な指標となる。ただ、注意すべきは、「基準範囲」を過信しないことだ。そもそも日本では、各検査項目の基準範囲が検査機関や医療団体などで異なる(以下、記事内の基準範囲はあくまで参考値を記す)。思温病院理事長の狭間研至氏が指摘する。

「それゆえ、数値が正常範囲内でも、採用されている基準が“甘い”可能性もあります。また、正常範囲内だとしても、前年との比較や他の数値との組み合わせ次第では、健康状態に注意を要するケースが少なくないのです」

 以下、検査項目ごとに検討してみよう。

 数値が低いと貧血のリスクが高くなる「ヘモグロビン」。基準範囲は、男性13.1〜18.3g/dlだが、栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅医師はこういう。

「前回の検査に比べて2〜3g/dlの急な減少がある場合、注意が必要です。知らないうちに体内で血管に細かい傷ができるなどして出血し、赤血球が減少した怖れがあります」

 前出、狭間医師も「下限ギリギリ」に注意を促す。

「数値の下限を下回ることはもちろん、下限ギリギリでも安心できない。胃がんや大腸がんが疑われるケースもある。便に血が混じっていないかなどを確認すべきです」

 逆に、上限値に近い場合も注意を要する。

「ヘモグロビンが増えると赤血球も増加して血液がドロドロ状態に。動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞のリスクも増加する」(栗原医師)

 異常があっても自覚症状が少なく「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は、健診結果の読み解きが重要になる。

 肝機能障害を知る手がかりとなるのは「AST」「ALT」「γ-GTP」の3つ。このうち、長く肝臓を研究してきた栗原医師が重視するのは、基準範囲が5〜30U/Lの「ALT」だ。

「これは、肝細胞に含まれる酵素が血液中に流れ出た量を示す数値です。日本の基準は甘く、米国だとALTの基準範囲は5〜18U/Lあたりになる。20U/Lを超えた患者の肝臓をエコー(超音波検査)で調べると、多くが脂肪肝になっています。脂肪肝は肝硬変、肝がんにつながる。しかも一度失われた肝機能は元に戻りません。数値が20U/Lを超えたら『要経過観察』ではなく、『要治療』だと考えています」(栗原医師)

※週刊ポスト2017年11月17日号