桃園空港提供

写真拡大 (全2枚)

(桃園空港 9日 中央社)旅行情報サイト「ザ・ガイド・トゥー・スリーピング・イン・エアポーツ」がまとめた“寝心地のいい”アジアの空港ランキング2017年版で、台湾桃園国際空港が6位にランクインしたことが分かった。同空港の運営会社が8日付のプレスリリースで明らかにした。

上位5位は1位のチャンギ国際空港(シンガポール)以下順番に、仁川国際空港(韓国)、羽田空港(日本)、香港国際空港、成田国際空港(日本)。

ランキングは、快適に眠れる環境の有無、設備の充実度、清潔さ、サービスの質などに対するインターネットユーザーの評価を基にして決めたもの。

桃園空港に関しては、▽待合室ごとに台湾の文化を違うテーマで紹介しているほか、書道の体験も楽しめる ▽シャワールームや図書館、リクライニングシートなど設備が充実している ▽清潔でスタッフが親切 ▽Wifiサービスが無料で速い、などの点が評価された。

(邱俊欽/編集:塚越西穂)