米Twitter社が、英文などの1投稿の文字数制限を従来の140文字から280文字に拡張したと11月8日に発表しました。英文などのいわゆる「1バイト文字」で表現される文章は日本語などよりも多くの文字数が表現に必要とされるための措置のようです。なお、1文字の表現幅が広い日本語、中国語、韓国語は対象外です。

 これを受け海外では280文字を試す投稿が相次ぎ一種の祭りのようになっていますが、インドネシアのシャープ公式アカウントも例にもれず280文字になった感動をやや荒ぶりぎみにツイート。このあまりの荒ぶりに気づいた日本のシャープアカウントが淡々と「日本からフォローしますが、インドネシア弊社垢のツイート、ツイッターの英語が280文字化した喜びを表現したかったのだと思います。知らんけど。」とフォローし話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 SHARP Indonesia(@sharpindonesia)は280文字を示すためSHARPの「a」を増やして「Shaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaarp」という280文字ぴったりのツイートでその感動を表現。

 するとリプライには同じく280文字で「Shuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuut Up!!」(うるさい、黙れ)
というものや、
「Shaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaarp」
というSHARPをマネしたリプライが軒並み来ております。

 どうやらインドネシアのシャープの中の人も日本の中の人同様、普段からそれなりにユルいツイートをしているようで少し覗いてみると一般ユーザーとのやりとりがいくつか見られました。とはいえ商品の質問には真面目にフリーダイヤルの番号をばしばし案内していました。

 ちなみに、半角英数文字は1文字、日本語や中国語などは2文字扱いされるという事なので日本語だけなら140文字、半角英数を混ぜるとそれ以上ツイートできます。
例えば「おたくmaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa」なら日本語3文字、アルファベット274文字で計277文字入力することができましたよ。

(梓川みいな)