@AUTOCAR

写真拡大 (全7枚)

もくじ

ーマツダ主要6車種 サポカーS・ワイド達成
ー特別仕様車「ノーブルクリムゾン」 インテリア全球体画像

マツダ主要6車種 サポカーS・ワイド達成


マツダは、デミオの先進安全装備を拡充し「サポカーS・ワイド車」としたモデルを、本日から受注開始すると発表した。また、赤基調の内装を採用した特別仕様車「ノーブルクリムゾン」を新設定する。いずれも発売日は、12月7日。


今回の商品改良車は、

・歩行者も検知対象となった「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」
・「車線逸脱警報システム(LDWS)」
・「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」

を全機種に標準装備。

すでに標準化されている安全装備との組み合わせで、安全運転サポート車の「サポカーS・ワイド」に該当するようになった。

これによりマツダは、デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5、CX-8というコンパクトカーから3列シートSUVまで、日本国内で販売する主要6車種全機種がサポカーS・ワイド車という布陣になった。


デミオはこのほかにも、

・全機種標準装備化
スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS R:後退時)
リアパーキングセンサー(センター/コーナー)

・新たにメーカーオプション設定
360°ビュー・モニター
フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

を採用するなど安全装備を拡充。また、ボディカラーにソウルレッドクリスタルメタリックを新設定した。
 

特別仕様車「ノーブルクリムゾン」 インテリア全球体画像

おさらい デミオ搭載の先進安全技術すべて 1,393,200円〜

1. アドバンスト・スマートシティ・ブレーキ・サポート
2. AT誤発進抑制制御(前進時/AT全車)
3. 車線逸脱警報システム
4. ハイビーム・コントロール・システム
5. スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退時)
6. AT誤発進抑制制御(後退時/AT全車)
7. ブラインド・スポット・モニタリング
8. リア・クロス・トラフィックアラート
9. リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
10. 交通標識認識システム(機種による)
11. ドライバー・アテンション・アラート(機種による)

マツダ・デミオ商品改良車の価格は、以下の通り。
SKYACTIV-G 1.3搭載車が、1,393,200円〜1,981,800円。
SKYACTIV-D 1.5搭載車が、1,814,400円〜2,262,600円。

特別仕様車第5弾 「ノーブルクリムゾン」発売


特別仕様車「ノーブルクリムゾン」は、起毛の赤布シートを採用。真綿のような白い内装と、千鳥格子模様を織り出した赤いファブリックシートがコントラストを成す。インパネのホワイトトリムも千鳥格子パターンの型で成形した専用品だ。

外装色は、専用のセラミックメタリックを設定。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


ノーブルクリムゾンの価格は、以下の通り。
13Sノーブルクリムゾン(SKYACTIV-G 1.3):1,776,600円〜1,981,800円
XDノーブルクリムゾン(SKYACTIV-D 1.5):2,057,400円〜2,262,600円