本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

個人技でゴールを陥れ、現地メディアがキャプテン翼の主人公名を使って称える

 サッカー・メキシコリーグ1部、パチューカのFW本田圭佑は現地時間8日に行われたコパMX(国内カップ戦)の準々決勝ティファナ戦で、センターサークルからドリブル突破で4人を抜いてネットを揺らすスーパーゴールをマーク。大会公式ツイッターは動画付きで紹介し、現地メディアも「大空翼式! ケイスケ・ホンダがパチューカで偉大なゴール」と世界的に有名なサッカー漫画のキャラクター名を用いて称賛している。

 日本代表がブラジル代表との親善試合に向けてリールで調整を続ける中、フランスから遠く9000キロ以上離れたメキシコの地で“カリスマ”が躍動した。

2-0で迎えた前半42分、センターサークル付近でボールを持った本田はドリブルを開始。追いすがる相手を振り切り、スピードに乗って2人目をかわすと、そのまま中央を一直線に突破。待ち受けるDFを抜き去り、さらにスライディングで止めに来たカバーと飛び出してきたGKの状況を冷静に見極めて左足でふわっとボールを浮かせて無人のゴールを陥れた。

偉大なスーパーゴラッソでメキシコから強烈アピール

 約60メートルを駆け抜け、4人を抜き去る“ゴラッソ”でチーム3点目をもたらした背番号02。スポーツ放送専門局「FOXスポーツ」メキシコ版は、「大空翼式! ケイスケ・ホンダがパチューカで偉大なゴール」と、人気アニメ「キャプテン翼」の大空翼の名前を見出しに取って速報した。

 パチューカは後半21分にも追加点を奪って4-0で快勝。本田は後半36分に交代したが、サカテペク戦の2ゴールに続く今大会3得点目、パチューカでは公式戦6得点目となった。欧州遠征中のハリルジャパンのメンバーからは外れたが、遠いメキシコからゴールという結果で大きくアピールすることに成功した。