Appleの新社屋、Apple Parkのビジターセンターが、11月17日に一般公開されることがわかりました。

11月17日から一般公開!

Apple Parkへの従業員の移動は今年4月頃から始まり、年内に完了するといわれていますが、社員以外も入ることができるビジターセンターが、現地時間で今月17日に正式に一般公開されることが判明しました。
 
ビジターセンターでは、旧本社のギフトショップに売られていたのと同じ、Appleブランドの各種お土産物が販売されるとのことです。ただしiPhoneやiPad、Macなどの品揃えについては、Apple Storeほどは充実しない模様です。
 

16日には近隣住民を招待

Appleは17日の一般公開に先駆けて、16日の午後3時から8時まで、近隣住民をビジターセンターに招待しています。この日にビジターセンターに入るには、Apple Parkの近所に居住していることを証明する、運転免許証などの写真付き身分証明書の提示が必要となります。
 

 
AppleはiPhone8/8 Plus/Xなどを発表した9月のスペシャルイベントにおいて、初めて社員以外の人々をApple Park内のスティーブ・ジョブズ・シアターに迎え入れました。
 
Apple Parkのビジターセンターには、リング型をしたメインビルを見下ろすことができる展望デッキ、「最高のエスプレッソ」を淹れてくれるバリスタのいるカフェ、外の景色が楽しめるパティオがあります。
 
 
Source:MacRumors
Photo:YouTube
(lunatic)