株式会社アーキサイトは、11月9日、自社ブランドARCHISSからパソコン用キーボード専用バッグ「BYOD Keyboard Bag」とオプションの外付けポケット「BYOD Outer Pocket」の発売を発表した。いずれも価格はオープン。

同製品は、キーボードギークがキーボードを持ち運ぶ為だけに作った、キーボード専用バックだ。メカニカルキーボードを自社開発しているアーキサイトが、キーボード=ステーショナリー(文房具)と考え、その大切な道具を常に持ち運ぶための専用バックとして開発。職業ユーザーはもとより、PCゲーマーやキーボードギークなど、キーボードに道具としての愛着と絶対的な重要性を感じているユーザーが、キーボードをより快適に、格好良く持ち運べるバッグとして発売した。

同商品の開発メンバーらは、自らもキーボードギークであり、自分たちの使いたいキーボードバッグを追求して、素材、パーツ、仕様、デザインなど、細部にこだわってこの商品を完成させている。

一般的な使用想定は、ミニキーボードorテンキーレスキーボード+マウスという組み合わせだが、マウス収納部の仕切を取り外すことで、フルキーボードの収納も可能に。入らなくなったマウスは、別売の外付けポケット「BYOD Outer Pocket」を併用することによって持ち運び可能となる。

大切なキーボードを傷から守る大型のベルベットクロスとベルクロで、ミニキーボードからフルキーボードまで、奥行きの様々なキーボードをがっちりホールド。内側には、ケーブルやモバイルバッテリーなど、小物を入れておける丈夫なメッシュポケットを2箇所配置し、周辺機器の収納にも便利である。

また、滑りにくく耐久性の高い素材を使用した着脱式ショルダーストラップで、両手を塞ぐことなく快適な持ち運びが可能に。バッグ表面には、ベルクロバンジーが3本セットされており、マウスパッドを丸めて固定したり、ヘッドフォンをかけたりと自由な使い方ができる。









株式会社アーキサイト
URL:http://www.archisite.co.jp
2017/11/09