1980年代に人気を博した、きうちかずひろさんのコミックを原作とした映画シリーズ『ビー・バップ・ハイスクール』。人気アイドルの中山美穂さんをヒロインに、ヒロシ役の清水宏次朗さん、トオル役の仲村トオルさんがここからスターになっていきました。

 これまで『ビー・バップ・ハイスクール』のアパレルグッズといえば、原作者きうちかずひろさんによるイラストを使ったコミック版のものしかありませんでした。しかし1988年のシリーズ完結から30年近く経過した2017年10月、ついに実写版の初アパレル化としてTシャツ4種が、有限会社ハードコアチョコレートからリリースされました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 モチーフとなったのは「ボンタン狩り」のエピソードで知られるシリーズ第2作『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(エレジー)』(1986年)、シリーズ第4作の『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂想曲』(1987年)、そしてシリーズ最終作となった第6作『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇』(1988年)。今から約30年前の大人気シリーズ作品です。世代にとっては「時間がたつのってはやいなー」という思いと「懐かしい!」という思い両方を感じさせてくれるタイトルではないでしょうか。

 『高校与太郎哀歌』(ボンタン狩りブラック)では、二人が通う私立愛徳高校の校章をバックに、座るヒロシとトオルの姿が。ずっと見てると「やんのかコラ!」と言われそうな感じの迫力が出ています。『高校与太郎完結篇』(FINAL BATTLEホワイト)では、警察署の前で口論するシーンでのヒロシとトオルの姿がデザイン。

 また、ヒロシとトオルの顔が大きくデザインされたものも。トオルはシリーズ第4作『高校与太郎狂想曲』から。仲村トオルさんから正式に画像の使用許諾を得たものとなっています。ヒロシはシリーズ第6作『高校与太郎完結篇』から表情をセレクト。これも清水宏次朗さんから画像使用の正式許諾を受けた商品です。

 Tシャツはそれぞれ4100円(税込)。サイズは160・S・M・L・XL・XXLの6種類です。ハードコアチョコレートの東中野ヘッドショップとハードコアチョコレート大阪での店頭販売のほか、ハードコアチョコレートオンラインショップや、amazonでも販売しています。80年代の空気を丸ごと封じ込めたTシャツ、独特の迫力を身にまとってみる?

(咲村珠樹 / 画像提供・有限会社ハードコアチョコレート)