湘南、ユースから真田幸太ら2名が昇格…和田響稀は来季、福島でプレー

写真拡大

 湘南ベルマーレは9日、ユースに所属するGK真田幸太とFW和田響稀のトップチーム昇格が内定したと発表した。和田は来季、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍で加入すると併せて発表されている。

 真田は1999年生まれの18歳で、身長190センチメートルの長身GK。湘南U−15平塚からユースに進み、今季は2種登録選手としてトップチームにも名を連ねている。

 トップチーム昇格加入内定にあたり、真田は以下のようにコメントしている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることを、ジュニアユースから過ごしてきたベルマーレで実現でき嬉しく思うと同時に、今まで支えてくれた家族、友達、指導者の方など、僕に携わってくれた人達に本当に感謝しています。チームに貢献できるよう、感謝の気持ちと謙虚さを忘れずに、全力で日々を過ごしていこうと思います。応援よろしくお願いします」

 和田は1999年生まれの18歳で、身長174センチメートルのFW。湘南U−15平塚からユースに進んだ。来季は昇格と同時に、福島へ期限付き移籍で加入することが決まっている。

 トップチーム昇格加入内定にあたり、和田は以下のようにコメントしている。

「来季からプロサッカー選手としてスタートラインに立てることを本当に嬉しく思います。ジュニアユースから湘南の一員としてお世話になり、挫折しそうになった時に何度もチームのみんなに助けてもらったことで、今回トップに昇格ができたと思っています。サッカーを始めてから今まで携わっていただいたコーチやスタッフの方々、いつも試合に駆けつけて応援してくださっているサポーターの皆さん、そして家族に恩返しができるよう、これからプロサッカー選手として頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

 湘南は同日、桐蔭横浜大学FW鈴木国友の来季加入内定を発表。新加入選手は現時点で計7名となった。

 湘南の来季新加入内定選手は以下のとおり。J2制覇でJ1復帰を果たす来年、多くのルーキーとともにシーズンに臨むこととなった。

山口和樹(国士舘大学MF)、松田天馬(鹿屋体育大学MF)、坂圭祐(順天堂大学DF)、新井光(市立長野高校MF)、鈴木国友(桐蔭横浜大学FW)、真田幸太(湘南ユースGK)、和田響稀(湘南ユースFW/来季は福島へ期限付き移籍加入)