セレーナ・ゴメス、新曲「ウルヴス」初披露へ向けたリハーサル模様を配信

写真拡大

 現地時間2017年11月19日に開催される【アメリカン・ミュージック・アワード2017】にて新曲「ウルヴス」を初パフォーマンス予定のセレーナ・ゴメスが、当日へ向けてリハーサルする姿をInstagramライブで配信した。

 お団子ヘアにオーバーサイズのTシャツというカジュアルな装いのセレーナは、ソングライターでプロデューサーのアンドリュー・ワイアットとともに、マシュメロとのコラボ曲「ウルヴス」を2度、そしてカイゴとタッグを組んだ「イット・エイント・ミー」のリハーサルを行った。

 【アメリカン・ミュージック・アワード2017】では、他にもデミ・ロヴァート、ケリー・クラークソン、クリスティーナ・アギレラ、ダイアナ・ロス、そしてBTS(防弾少年団)がパフォーマンスを披露する予定となっている。


◎リハーサル映像
https://youtu.be/hX643KbiI4s