イーブンパーで前半を終えた石川遼(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇9日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
静岡県の太平洋クラブ 御殿場コースで開幕した国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の第1ラウンド。今季、国内5戦目にして初の予選通過を目指す石川遼は1バーディ・1ボギーで前半を回り、イーブンパー45位タイとしている。
【関連】松崎しげるさん、剣豪のようなたたずまい
5アンダー首位タイで小平智とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が並走。1打差3位タイに大堀裕次郎、高山忠洋、スンス・ハン(米国)が続いている。
賞金ランク首位のチャン・キム(米国)は10ホールを消化し、同3位の宮里優作らと並び3アンダー6位タイにつけている。また、今季初の決勝ラウンド進出を狙うジャンボ尾崎は、前半折り返し時点で5オーバーの最下位に沈んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

野村敏京、上原彩子が出場!米国女子ツアーのリーダーボード
石川遼が自身のショットを解説 10年間でのベストスイングは?
「本調子とはいえない」 石川遼は風邪をおしてプロアマ戦出場
石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
【WITB】「振りにいっても振り負けない」チャン・キムが前回優勝時からシャフト変更