画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●iDeCoのメリットと投資の重要性

SBI証券が11月11日に都内でセミナー「iDeCoセミナー実践編 プロが教えるiDeCo (個人型確定拠出年金) 運用商品選びのポイント」を開催した。会場にはiDeCoを利用した資産形成を考える多くの方が参加し、熱心にその話を聞いていた。本稿では、セミナーで語られた貴重なアドバイスの一部を紹介する。

○さまざまなメリットを備えたiDeCo (個人型確定拠出年金)

iDeCo (個人型確定拠出年金) とは、加入者が毎月の掛金を積み立て、あらかじめ用意された金融商品を選ぶことで運用、運用成果に応じて60歳以降に需給が開始される仕組みだ。

NISA(少額投資非課税制度)との大きな違いは、掛金が全額所得控除の対象となること、そして運用益が非課税となること、そして退職所得控除や公的年金等控除を受けられることの3つ。公的年金に上乗せして老後資金の準備ができ、さらに税制メリットも備えているということだ。その有用性から、セミナーには大勢の来場者が集まった。

始めにSBI証券の橋本隆吾氏が、現在iDeCoで選択される人気の金融商品「ひふみ年金」について説明。NISAや課税口座においても「ひふみプラス」の販売が好調であることを伝え、「長期投資を考えるうえで、ひふみ年金、あるいは投資に関する考え方等をセミナーで学んでいただけたらと思います」と挨拶した。

○投資の重要性と選ぶべき投資先

セミナー第1部では、テレビ東京の番組「カンブリア宮殿」で多くの方に知られるようになった、レオス・キャピタルワークスの藤野英人氏が登壇。ファンドマネージャーとして28年間働いてきた投資の専門家である同氏は、統計をもとに日本人の「投資嫌い」について警鐘を鳴らす。1万円札の原価は20円であり、現金の価値は人々が作っていることを説明。「多くの人はお金がリアルで株式がバーチャルだと思っていますが、実際は逆で、お金こそがバーチャルなんです」と語り、投資の重要性を説いた。

さらに、2002年12月から2012年12月の間に株価が上昇した企業の96%が中小企業であり、日本の株価の足を引っ張っているのは、実は上場企業だという自論を展開。会社の規模に関わらず、来年以降も確実に成長する企業に投資することが大切と説明した。「企業への投資とは、人の可能性への投資です。社員がニコニコ、イキイキしている会社に投資しましょう」と同氏は話をまとめる。

●投資の専門家のアドバイスをチェック

○インデックスファンドとアクティブファンドの違い

休憩をはさんだ第2部では、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子氏の司会のもと、「しっかり資産を育てる商品選びとは? 」と題したパネルディスカッションが行われた。登壇したのは、第1部で投資について語った藤野氏と、投資信託の評価会社モーニングスターの坂本浩明氏だ。

竹川氏からiDeCoの基礎知識が簡単に説明されたのち、坂本氏によってインデックスファンドの特徴と留意点が語られた。投資信託には、大きくわけて"市場全体を買う"インデックスファンドと、"ファンドマネージャーの運用方針に基づく"アクティブファンドが存在すると同氏は述べる。

インデックスファンド(パッシブファンド)は、日経平均株価などのベンチマークと同じような動きをするように運用されるのが基本だ。ニュースなどで伝えられる株価によって値動きが分かるため、非常にわかりやすい。また、わかりやすいメリットとして信託報酬、いわゆる手数料が安いという特徴がある。

アクティブファンドは、ベンチマークを上回るパフォーマンスを目指して運用される。第1部で藤野氏が説明したのは、アクティブファンドの運用だ。運用がうまくいっているときは日経平均株価をよりも高いパフォーマンスがあるが、うまくいっていないときは下回ることもある。信託報酬はインデックスファンドに比べて高い。

一方で、市場平均を上回るパフォーマンスを出しているアクティブファンドは、実際には少ないのだという。優良なアクティブファンドを選べば高いパフォーマンスが期待できるが、判断できないようならば、インデックスファンドが良いかもしれないと坂本氏は説明する。

また信託報酬の違いも長期で見ると大きな差につながる。同氏は「信託報酬というコストの差には、ぜひ敏感になってほしい」と来場者に伝えた。かのウォーレン・バフェットも、自身の遺産を運用するにあたり、90%をコストの低いインデックスファンドに投じるよう遺言状を残しているという。

○投資の専門家がセミナー参加者に送るアドバイス

最後に坂本氏は、来場者に向けて「DC(確定拠出年金)専用のファンドでは、信託報酬がより安く設定されており、普通のファンドよりもコストを抑えて運用できますので、ぜひ活用すべきだと思います。値上がりするファンドを選ぶというのは非常に難しいものです。ですが、コストは唯一パフォーマンスを占うことができる要因であり、必ず皆さんの運用に影響してくる部分ですから、大事にしてほしいと思います」とアドバイスを送る。

また藤野氏は、「まずiDeCoに入られることをおススメします。これは非常に有利な制度で、とくに所得控除ができるというだけでも有効です。なにに投資するかという点については、自分の好き・嫌いで選ぶべきです。なぜかというと、好き・嫌いには損得も含まれているからです。ファンドや会社の中身を見て判断しましょう」と、今回のセミナーについてまとめた。

さまざまなメリットを備えたiDeCoだが、やはり優良な商品選びは難しい。iDeCoを使った資産運用をお考えの方は、ぜひSBI証券のセミナーに足を運んでみてほしい。きっと大きなヒントを得られるはずだ。