アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

GPシリーズも後半戦に突入 女子は樋口、ラジオノワがポイントで上位も…

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は10日に開幕する。GPファイナル出場権を懸けた戦いは後半戦に突入するが、国際スケート連盟(ISU)は公式サイトで過去3試合を総括し、「最大のサプライズはアリーナ・ザギトワ」と15歳の若きスター候補生を称賛している。

 GPシリーズも6試合のうち半分を消化。女子では、第1戦のロステレコム杯で女王メドベージェワがフリーでジャンプ転倒がありながらも、2位に15点差以上をつける圧倒的な内容で優勝。続くスケートカナダはケイトリン・オズモンド(カナダ)、第3戦の中国杯はザギトワ(ロシア)が制した。

 ISUは後半戦初戦を迎えるにあたり、公式サイトで「ISUグランプリシリーズの半ばを過ぎて」との見出しで前半戦の総括を行った。上位6人のみが出場を許されるGPファイナルへのポイント争いは現在、ロシア大会で3位、中国杯で2位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)が24ポイントでトップ。同じく2試合を戦い終えたエレーナ・ラジオノワ(ロシア)が20ポイントで2位、そしてここまでの3大会の優勝者であるメドベージェワ、ザギトワ、オズモンドが15ポイントで続く。

しかし、3位タイの3選手はNHK杯に出場するメドベージェワをはじめ、消化試合が1試合少ない。樋口やラジオノワもGPファイナルへの切符は確約されておらず、記事では「女子の順位表はワカバ・ヒグチとエレーナ・ラジオノワが上位だが、ファイナルまで進むことは難しいかもしれない。彼女らは2人とも2大会を終え、下位の選手が転落するのを待つことになる」と周囲の結果次第であることに触れている。

樋口らを抑え、中国大会でVデビューを飾った15歳新鋭をISUはサプライズに挙げる

 そして、ISUが驚きに挙げたのがザギトワだ。

 15歳の新星は中国杯で鮮烈なVデビューを飾った。4日に行われたフリー。ショートプログラム(SP)4位だったザギトワは、3回転ルッツ―3回転ループの高難度な連続ジャンプを決めるなど、演技後半に固めた7本のジャンプをほぼノーミスで着氷。シニア1年目とは思えない完成度の高さを披露し、樋口新葉らを抑えて優勝を勝ち取った。

 記事でも、「これまでのところ、最大のサプライズはアリーナ・ザギトワがジュニアランクから上がったばかりで最初のISUシニア大会に優勝したことだ」と言及。シニア大会でいきなり優勝を果たした15歳にスポットライトを当てている。

 ザギトワ、メドベージェワのロシア勢、オズモンド、そしてNHK杯で復活を期す宮原知子(関大)らがどのような演技を見せるのか。GPファイナルを懸けた残り3試合の熱い戦いから目が離せない。