イヤモニがベースだから高音質!イヤーフックで落下も防止できますよ

写真拡大 (全3枚)

最近注目されている「イヤモニ」。プロのミュージシャンが歌いながら耳を押さえているのを見たことがありませんか。あれがイヤモニ、正式名称は「イヤー・モニター」といい、ミュージシャンやオーディオエンジニアが音声や音響をチェックするためのもの。音質の再現性はまさにプロ仕様なんですが、今回紹介するのはそのイヤモニベースのワイヤレスイヤホン。低音域から高音域までバランスよく再生する伸びやかなハイクオリティサウンドです。

ローランドより登場するのは、Audiofly社のワイヤレスイヤホン。Audioflyはミュージシャンとしての経験や技術を活かして開発したプロダクトが高く評価されている新進気鋭のヘッドホンブランドです。

今回発売する「AF100W」(オープン価格 11月17日発売)はミュージシャンやエンジニアがライブステージで使用するプロ用のイヤモニをベースに設計したワイヤレスイヤホン。音質に大きく関わるドライバーに高性能の9mmデュアル・メンブレン・マイクロ・ダイナミック・ドライバーを採用。さらにプロ用のイヤモニで培った独自のドライバーチューニングを施すこだわりっぷりです。

もちろん、そのサウンドはプロも納得のハイクオリティ。低音域から高音域までバランスよく再生し、高音域の急速な減衰を抑えた伸びやかな音質を実現しています。さらに嬉しいのはアンプを内蔵していること。プレイヤーがスマホなどであっても音源に忠実なピュア・サウンドを楽しめます。

▲防沫仕様で汗や雨に強い

また、デイリーユースするための使いやすさも追求しています。防水保護等級IPX4に準拠した防沫仕様で汗や雨に強い上、耳から滑り落ちないようイヤー・フックを採用。しかも重さはわずか15gですから、ランやトレーニング時にピッタリです。

音質がイイとエクササイズやランも集中して取り組めそう! プレゼントにも最適です。価格はオープンで、市場想定価格は1万6000円前後です。

>> ローランド「AF100W」

 

(文/&GP編集部)