自身の冷え対策はカイロ、運動、そして食の3本柱、と話す青木さん【写真:mika】

写真拡大

元シンクロ代表・青木愛さんに聞く秋冬の健康ケア、実践する「冷え対策」とは?

 女性にとって秋から冬は「冷えと乾燥」との闘い。いつも健康的な体をキープしている元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さんに、秋冬の健康ケアについて聞いた。

 女性が抱える不調のなかで、秋冬、特に気になるのが「冷え」。風邪の引き金になるだけではなく、肩こりや代謝の低下、便秘、月経トラブルにもつながるため、外気温が下がる季節は要注意だ。

 青木さんも、「冷え対策は万全にしています」と語る。「プールのなかにいると、動いている間は熱いくらいの体が、止まった瞬間から、あっという間に冷える。現役時代もトレーニング後は、すぐに温かくしていました」

 自身の冷え対策はカイロ、運動、そして食の3本柱、と青木さん。「秋冬になると携帯カイロは必須。本当に寒いときは、肩甲骨の間と腰に張る。お腹まで温かくなるのでおすすめです。

 運動は秋冬こそウォーキング。外出時は、できるだけ早歩きで移動しています。特にご飯を食べた後は『食べた分を消費するぞ!』という気持ちで、少し長い距離もウォーキングで帰宅。外出ついでなら着替えなくてもできるし、その日の体調でも距離をコントロールできるので、生活に取り入れやすいですよ」

 食事は秋冬になると、鍋料理の出番が急増。友達同士で集まると、必ずといっていいほど鍋になるそう。「鍋は本当にヘルシー。肉、魚介、豆腐、野菜とバランスがいいし、とにかく体が芯から温まります。

風邪を引きやすい体質だった青木さん、管理栄養士は「一口でも水分補給を」

 友達の家に集まるときは、友達の子どもも一緒に食べられるちゃんこ鍋や塩鍋。外食時は、キムチ鍋、火鍋が圧倒的に多いですね。寒くなると体も脂肪を蓄えやすくなる気がしますが、辛い系の鍋を食べると汗もかくので、罪悪感もなし。冷えと脂肪対策ということで一石二鳥です(笑)」

 実は気管支が丈夫なほうでなく、風邪を引きやすい体質だったという青木さん。引退後はプールで過ごす時間がグッと減り、余計に秋冬の乾燥が気になるそう。「特に屋外や電車での長距離移動時は、油断するとすぐに喉が張り付くように渇いてしまう。秋冬の喉の渇きは風邪に直結すると聞いたので、こまめな水分補給を心がけています」

「秋冬は屋外だけでなく室内も暖房の影響で乾燥しているので、のどや鼻の粘膜も乾きやすい状態です」とは横浜F・マリノスをはじめ、様々なスポーツ選手の栄養指導を行う管理栄養士の橋本玲子さん。

「口やのど、鼻のなかが乾燥すると、風邪の原因となるウイルスが粘膜に付着し、増殖しやすくなります。ウイルス感染の予防には、こまめに水分をとり、口や鼻をなるべく潤しておくことが効果的。“喉がカラカラ”と感じる前に、一口でいいので水分補給を心がけてください」

 実は厚着による発汗で、気づかないうちに身体がカラカラに乾いてしまう人も多いという。これから冬本番。カゼを寄せ付けない“渇く前の水分補給”で、喉を潤す習慣をつけよう。

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima
mika●写真 photo by mika