中村俊輔が語る“海外処世術” 日本人選手の課題とは? 「良い子や紳士では生き抜けない」

写真拡大

【天才レフティーの思考|No.1】イタリアでの経験談を交え、海外と日本の違いについて持論を語る

 2017年にJ1横浜F・マリノスからJ1ジュビロ磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔は、新天地で10番を背負い卓越したスキルを見せるなど、39歳となった今も健在ぶりを誇示している。

 欧州リーグで8シーズンを過ごした天才レフティーの目には、「日本人選手に足りないもの」が映っているという。自身の経験談を交えながら持論を展開した。

【PR】中村俊輔インタビュー【前編】 サッカー人生最大の決断とは? 「ヒデさんを見て焦りが募った」

 中村は2002年8月に横浜FMからイタリア1部レッジーナへ移籍し、初年度から10番を背負ってプレー。2005年8月にスコットランド1部セルティックに活躍の場を移すと、6つのタイトルに加え、年間最優秀選手賞(2006-2007)も獲得。その後、2009年夏にスペイン1部エスパニョールに移籍し、2010年2月に古巣の横浜FMへ復帰を果たした。

 イタリア、スコットランド、スペインを渡り歩いた中村は、日本凱旋から今季で8シーズン目を迎えている。海外リーグもよく知る中村は、日本との違いについて口を開いた。

「レッジーナでは3連敗して外出すると、『何負けてるんだよ!』って普通にファンから小突かれますからね」

 笑いながら冗談交じりに3シーズン在籍したレッジーナ時代を振り返った中村は、当時を回想しつつ、さらにイタリアでのエピソードについて次のように明かす。

時に批判も「点を決めればヒーロー」の世界

「スーパーマーケットでもサポーターに詰め寄られたこともあったし、車のタイヤを一個取られた選手もいました。確か4連敗した後だったかな。怒ったサポーターが練習中のグラウンドに乱入して、『お前ら、やる気あるのか!』って抗議するぐらいですからね」

 カルチョ(サッカー)の国と呼ばれるイタリアのセリエAは、かつて“世界最強リーグ”とも称され、サッカー界の中心にあった。サッカー文化が根付いた環境のなか、中村はレッジーナの10番として、時には批判を浴びながら観客を魅了するプレーで着実に評価を高め、自らの地位を確立してきた過去がある。

「ただその代わり、点を決めればヒーロー。サッカーを大きく扱う新聞が4、5紙あって、サッカー選手のステータスも高い。ヨーロッパだとサッカー選手の存在価値は全般的に高いですからね。そういう意味で、周囲からのプレッシャーが日本と海外では全く違いました」

 事実、中村は華麗なプレーと卓越したテクニック、そして武器であるFKで目の肥えたイタリア人を魅了し、現地で「東洋のバッジョ」と呼ばれた。今年10月14日のJ1リーグ第29節、敵地清水エスパルス戦(3-0)で中村が右コーナーキックから直接ゴールを決めた際には、現地メディアが伝えるなど、今でも「NAKAMURA」の衝撃は色褪せていない。

イタリアで浴びた洗礼、身についた処世術

 そうしたサッカー文化の違いに触れた中村は、さらに「例えば…」と前置きしつつ、日々のトレーニングを引き合いに出して海外と日本の異なる点を語る。

「日本では、すね当てしろと言われる一方で、怪我をしないように激しく行くなとも言われる。海外は逆で、すね当てをしないことも多いけど、紅白戦なんかでは、本番と同様にガチガチやり合う。ビッグクラブは試合数が多いから軽いメニューが多いけど、それ以外のクラブは練習でも本気モード。イタリアとスペインはかなり激しかった。特に上半身はガンガンぶつけますね」

 チームに在籍する各国の選手が限られたポジションを巡り熾烈な争いを繰り広げるなか、当然トレーニングは激しさを増す。中村もその洗礼を浴びた一人で、当初は日本との違いに戸惑いもあったという。しかし、そうした日々が中村の成長の糧となり、海外で生き抜くための処世術が自然と身についていった。

「海外では、ミニゲームで喧嘩が起こるぐらい毎日の練習がとても激しい。誰かが怒って練習場から出て行くことも年に二、三回はあった。欧州に限らないけど、海外で戦うならばガチガチやり合わないと対等にやっていけない。良い子や紳士では、海外の激しい競争を生き抜けないと思います」

「日本人は大人しい」と言われる理由

 中村自身も「練習中からガツガツやるようになった」と当時を振り返っている。24歳の時に海を渡った日本屈指のテクニシャンは、着実に欧州仕様へと変貌を遂げ、世界に名を轟かせるほど海外で成功を収めた。そうした経験を持つ中村だからこそ、“日本人に足りないもの”を感じているという。

「勝負の世界だし、精神的なタフさが必要になるけど、それはまだ日本人選手に足りないもの。外国籍選手が日本に来てよく言う『日本人は大人しい』というのは、そういう面も含めてだと思う」

 世界基準を知る男の言葉は、海外で成功するためのヒントであり、日本人選手が克服するべき課題の一つと言えそうだ。

【PR】中村俊輔インタビュー【前編】 サッカー人生最大の決断とは? 「ヒデさんを見て焦りが募った」
【PR】中村俊輔インタビュー【後編】 天才が明かす「サッカーセンス」の見分け方とは?

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

神山陽平●写真 photo by Yohei Kamiyama