初対面で「軽い男だなあ」と感じる男性のセリフ9パターン

写真拡大

今の時代「重い男」はモテませんが、もっとモテないのは「軽い男」。仲良くなってからのノリは軽くても、せめて初対面では「軽くない男」でいたいものです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「初対面で『軽い男だなあ』と感じる男性のセリフ」をご紹介します。

【1】「1日でいいから付き合ってよ」とお試しデートを提案してくる
「ただの食事なのに『デート』と言ったりするセンスが軽い」(20代女性)というように、お試しで恋人期間を提案するパターンです。「俺のデート力をアピールするチャンスを与えてくださいっ」と懇願すれば軽さも多少は和らぐかもしれません。

【2】知り合った女性にはすぐ「合コンしようよ」と誘ってくる
「女を新たな合コンのツテとしてしか見ていない」(20代女性)というように、すぐ合コンに誘うパターンです。「本当は君とサシでご飯に行きたいんだけど、恥ずかしいから…」と照れたりすると逆に好印象になるかもしれません。

【3】「可愛いよね」「綺麗だよね」と褒め言葉がすらすら出てくる
「たぶん口癖みたいなもんだと思うようにしてる」(10代女性)というように、褒め言葉がすらすら出てくるパターンです。自分にコンプレックスを抱く女性は褒められると逆に疑り深くなるので、洋服や持ち物など周辺のものを褒めると良いかもしれません。

【4】「TwitterやFacebookやってる?」とSNSなどでからんでこようとする
「仲の良い人としかからみたくないので初対面では教えたくない」(20代女性)というように、すぐSNSなどのアカウントを知りたがるパターンです。様子見として「『○○ちゃんと○○なう』ってつぶやいてもいい?」と女の子に話を振ってみてはいかがでしょうか。

【5】知り合って間もないのに名前を呼び捨てにしたりする
「呼び捨てにされる筋合いはない」(20代女性)というように、初対面でも名前を呼び捨てにするパターンです。「俺、体育会系でさー」「沖縄育ちでさー」と呼び捨て文化で育ったことを前置きして使うとかえって好印象かもしれません。

【6】価値観がひとつでも合うとすぐ「付き合っちゃおうよ」などと言う
「好きな音楽や映画がかぶるとすぐ『付き合うしかないね』とか言い出す」(10代女性)というように、気が合うとすぐ恋人になろうと提案するパターンです。せめてマニアックな趣味嗜好が3つくらいかぶるまで、このセリフは呑み込んでおきましょう。

【7】「あー、彼女が欲しい」と女性ならなんでもいいことを匂わせる
「好きな子がいないのに『彼女が欲しい』っていうのが先なのが痛い」(20代女性)というように、「彼女が欲しい」が口癖になっているパターンです。「なんかこう燃えるような恋がしてみたい…」とあくまで夢物語として女性の共感を誘ってみてはいかがでしょうか。

【8】「女はこうすれば落ちる」といかに自分が恋愛マスターかを語り出す
「その話を女の前でするデリカシーのなさがモテなさそう」(30代女性)というように、恋愛テクニックを披露するパターンです。「…という夢を見たんだ」「…というのをハウツー本で読みました」とオチをつけて笑いを誘ってみてはいかがでしょうか。

【9】「元カノがさー」と自分の恋愛遍歴を自慢する
「こういうタイプは付き合ってる女の子がいても平気で元カノの話をする」(20代女性)というように、自分の恋愛遍歴を語るパターンです。この手の話を持ち出すのは相手の女性が「元カレがねー」と語り出してからにしましょう。

「初対面で『軽い男だなあ』と感じる男性のセリフ」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)