最悪の結果を招くことも…(写真:AFLO)

写真拡大

 血液には健康診断や人間ドックでの測定結果に表われにくいリスクもある。それが「血圧サージ」だ。NHKスペシャル(10月29日放送)や本誌・週刊ポスト(10月30日発売)の特集でこの新概念が注目を集めている。

「血圧サージ」とは、血圧が高波のように急上昇・急降下する現象を指す。一般的に、高血圧の基準は上(収縮期)が140mmHg以上、下(拡張期)が90mmHg以上とされているが、血圧サージが厄介なのは、普段の血圧が正常値であっても起こりうるうえ、通常の高血圧以上のリスクをもたらす可能性があることだ。

 NHKスペシャルで「血圧サージ」の概念を提唱した自治医科大学教授の苅尾七臣氏らの調査によれば、健診時の血圧が150mmHg以上の高血圧患者の場合、心筋梗塞のリスクは正常者のおよそ1.4倍だった。しかし、日中の血圧が130mmHg未満であるにもかかわらず、起床後の血圧が145mmHg以上に上昇する“血圧サージ患者”の場合、心筋梗塞リスクは2.47倍にまで高まるという。

 また同教授らが行なった別の調査では、夜間の最低血圧と起床後2時間の最高血圧の差が55mmHg以上開いている場合、脳卒中発生率も2.7倍に高まったという。

◆「アルツハイマー型」が増える

 血圧サージが引き起こすのは心疾患や脳血管疾患だけに留まらない。認知症との関連性も指摘されているのだ。

 山形大学の研究チームが2014年に米医学誌『American Journal of Hypertension』で発表した研究では、山形県寒河江市の70〜72歳の男女210人を1日の血圧変動幅(日内変動)の大きいグループと小さいグループに分けて、MMSE(ミニメンタルステート検査)という国際的な認知症診断テストを実施した。4年間の追跡調査を行なった結果、血圧の変動幅が大きい人ほど認知機能の低下が顕著だったという。

 また九州大学大学院の研究グループは今年、米医学誌『Circulation』(8月8日号)で、日ごとの血圧の変動幅(日間変動)が大きい人は、血圧が安定している人に比べ認知症リスクが増すという論文を発表した。

 研究対象は、福岡県の大規模疫学調査「久山町研究」に登録されている住民のうち、60歳以上で認知症のない男女1674人。

 変動幅を「最も大きい人」から「最も小さい人」まで4段階に分けて、毎朝、家庭で血圧を測定し、2007年から5年間追跡した。その結果、変動幅が最も大きい人のグループは、最も小さい人のグループに比べ、認知症リスクが2.27倍高かった。このリスク上昇は高血圧患者だけでなく、正常血圧の人にも認められた。

 認知症は血管性認知症とアルツハイマー型認知症に大別される。同調査では、血管性認知症で血圧の高い人ほど発症リスクが高まったのに対し、アルツハイマー型認知症では血圧レベルにかかわらず、血圧変動幅が大きい人ほど発症リスクが高いという結果が出た。

 論文の執筆者の一人である九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授は「現段階では血圧の変動が認知症発症に影響を及ぼすメカニズムは解明されていない」としながらもこう解説する。

「血圧の大きな変動によって、血管が収縮と拡張を繰り返し、脳の中にある細い血管がダメージを受け、脳内の神経細胞に十分な栄養や酸素が行き届かなくなった可能性が考えられます。一方で、認知症の初期段階で自律神経に異常が起こり、その結果として血圧の変動が起こっている可能性もあります。

 研究結果は血圧の変動幅と認知症リスクが関係していることを示していると言えます。日々の血圧変動について調べることは、将来の認知症リスクの評価や予防につながると思われます」

※週刊ポスト2017年11月17日号