【表1】ロシアW杯アジア最終予選、オーストラリアとの2試合におけるパス数のデータ。

写真拡大 (全2枚)

ハリルが目指すコンセプト。優先順位が高くない本田、香川ら

 11月の代表ウィークでは欧州遠征を実施している日本代表。ロシアW杯本大会に向け強豪国を相手にした貴重な2試合となるが、どのようなゲーム運びを見せるだろうか。メンバー発表時の記者会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発した言葉と試合における数値データから指揮官の思惑を読み解き、ブラジル戦、ベルギー戦を展望する。(分析:庄司悟/取材・文:中山佑輔/データ:STATS社調べ、共同通信デジタル提供)

----------

 10月31日、11月10日のブラジル戦(リール/フランス)、同14日のベルギー戦(ブルージュ/ベルギー)に向けた日本代表メンバーが発表された。初招集となったMF長澤和輝(浦和レッズ)、3年ぶりの代表復帰となった森岡亮太(ベフェレン/ベルギー1部)に期待が集まるいっぽう、招集外になった選手の顔触れにも注目が集まった。

 10月の代表ウィークでは本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠がメンバー外となっていたが、今回の選手リストには長谷部が再び名を連ね、本田、岡崎のほか香川真司の名前がなかった。これまで長きにわたって日本代表を支えてきた面々が負傷以外で招集されないということには驚きの声も聞かれている。だがデータアナリストの庄司悟氏は「それほど驚くべきことではなかった」と語る。

「ハリルホジッチ監督はメンバー発表時の記者会見で『パフォーマンスが良ければ、名前がどうであれ関係ない。ただ、みんなのことはリスペクトしている。グラウンド上で判断している。あとはオーガナイズ、システム、ゲームプランによって(起用する選手が)変わる。それからタクティクスチョイスで誰が合うのだろうというのもある』と言っていました。

 W杯アジア最終予選でのオーストラリアとの2戦(ホームとアウェイ)、9月6日のサウジアラビア戦、10月のニュージーランド戦、ハイチ戦ではハリルホジッチ監督がW杯本大会に向けて落とし込もうとしているコンセプトが明確に出ていました。そのコンセプトを実現するためには、現状だと本田、香川、岡崎といった面々を起用する優先順位が高くないということなのだと思います。

 今のサッカーはボールポゼッションをしながら中盤中央でボールをひっかけられると、非常に危ないシーンを作られます。もちろんその真ん中でボールを受けて打開できるハイレベルな選手を揃えていればそうしたサッカーも可能ですが、まだ日本はそのレベルには到達していない。奪われてカウンターをくらうリスクのほうが大きいです。いっぽうで中央を破られると大ピンチを作られるのが怖いのと、逆にそこで奪えばチャンスになるので、そのポジションには守備面で高い強度が求められます。そう考えると、香川を置くことが難しいんです」

パスのデータに見るハリルジャパンの攻撃プラン

 それではハリルホジッチ監督が日本代表チームに落とし込もうとしているコンセプトとはなんだろうか。庄司氏はハリルホジッチ監督が「最もいい試合をしたと思う」と語ったオーストラリア戦で、それが明確に表れているという。

「アウェイでやったオーストラリア戦もそうだったのですが、日本はポゼッション率だと相手より劣っているものの、前線の選手にはボールが入っているんです。パス受けについての数字を示した【表1】を見てもらえればわかるように、アウェイのオーストラリア戦では本田、香川、原口、小林悠のパス受けが上位4人になっています。4人の合計だけで全体の50%弱を占めているくらいです。

 そして今年8月のオーストラリア戦では、アウェイのときほど顕著にはなっていないですが、大迫と乾のパス受け数が上位に入っています。守備的という言い方をされることもありましたが、パスを入れるべきところにはボールが入っているんです。ホームの試合についていえば、シュート数は18対5と日本が圧倒的に上回っていますし、単純に『守備的なサッカー』とは言えないと思います」

 さらに庄司氏は、前線の選手にボールを供給することそれ自体とは別のところにも、コンセプトが読み取れる数値データがあるという。それは「パスのルート」だ。

「8月のオーストラリア戦でパスのやり取りが多いルートをあぶりだしてみると、井手口と山口のところではなく外側をボールが経由していることが見て取れます。特に右サイドは吉田から酒井、酒井から浅野に出るパスが多いですね。それは先ほど言った『中央を通すことのリスク』の問題だと思います。『危ないところには通すな』ということではないでしょうか」

「サンドイッチの守備」は斜めの関係にも

 ハリルホジッチ監督は10月シリーズに向けた代表メンバー発表の記者会見で、パリ・サンジェルマンがバイエルン・ミュンヘンを相手にボールポゼッション率で劣勢になりながらも3-0で完勝した試合のスタッツを提示し、ポゼッションに拘泥することに警鐘を鳴らしていた。庄司氏によれば、ボスニア出身のフランス人監督がボール保持にこだわっていないことはパスのやり取りを見ても現れているという。

「ポゼッションサッカーと呼ばれるスタイルのビルドアップを志向していれば、センターバック間のパス交換が多くなります。ですがオーストラリアとの2試合ではその数が多くありません。そもそもポゼッションで崩そうというプランでなかったことは明白でしょう。

 監督はPSG対バイエルンの試合を引き合いに出していましたが、パリはセルティック相手にポゼッション70%で5-0勝利という結果もあります。そういうチームがポゼッション率で低くなっても勝てるというだけで、ボール保持をしないほうがいいと言っているわけではないことには注意が必要ですね。ボールポゼッションと勝利がイコールに近いと語られるのがおかしいというだけです。ポゼッションを優先していないから守備的だと言われるのが不満だったのかもしれませんが」

 いっぽう守備面ではどのような構想が描かれているのだろうか。庄司氏はメンバー発表時にハリルホジッチ監督が発した言葉にそれを読み解くヒントがあるのではないかと指摘する。

「ハリルホジッチ監督はブラジル戦について『サンドイッチの守備、カバー、ゲームの予測、密度といってもなかなか分からないかもしれないが、そういったテーマが重要になってくる』と言っていました。このなかでサンドイッチの守備とは相手を前後から挟むことだと思いますが、今のサッカーでは、それはピッチの上下だけでなく斜めの関係でも考えられているはずです。

 図1にあるように、相手がサイドでボールを持ったときには斜めの軸でスクリーンを張ってプレッシングをかけるイメージです。単純な上下のサンドイッチだけではなく、このような斜め方向でのサンドイッチ、カバーリングをコンパクトなかたちで実現しようということだと思います。

 となると、守備に入ったときにはさまざまな方向への素早いスライドやプレスバックが求められるので、スプリントが必要になるのは当然です。先に言ったように今の日本に揃っている人材から考えると、守備の優先順位を高くしたプランにせざるを得ないので、この守備のコンセプトに対応できない選手は起用しにくいんだと思います。その点で今の香川では難しいと考えているのでしょう。

 先日のバイエルン・ミュンヘン戦で香川がプレーしているのを見ましたが、守備に入ったときにずっとジョギングで、インテンシティが不足しているのは明らか。スクリーンの役割をまったく果たせていませんでした。ここが改善しないと本大会のメンバー入りは厳しいかもしれません」

ブラジル戦展望。ネイマールへのパスを寸断できるか

 それではブラジル戦のキーポイントはどこになるだろうか。こちらも日本代表と同様にパス受けのデータをもとに考えてみたい。ブラジルの直近4試合のうち、チームのエースであるネイマールがフル出場した3試合のパス受けデータを表したのが表2である。

 セレソンで最も違いを生み出せる選手である背番号10は当然のようにパス受けが多くなっていて、チーム内の1位か2位に位置している。庄司氏によれば、ネイマールにパスが入るルートを見ると、10日の試合で注目すべき点が浮かび上がるという。

「まずチームで最もパスを入れるべき選手にボールが入っているところがひとつポイントになりますが、そこにボールを入れさせないようにしたいですね。となると、パスのルートがどこになるかということになりますけど、ブラジルは今の日本と似ていてセンターバックからサイドバック、サイドバックからネイマールやコウチーニョといったウイングの選手にボールが入ることが多いです。

 そうなると日本としてはブラジルのサイドバックが余裕をもって前を向くというシーンを減らしたいですね。乾か原口、久保か浅野のところでアプローチが遅くならないようにすることが求められます。中盤と同じでウイングのところにも守備面で素早いアプローチと高い強度が必要になるということだと思います。余談ですが、本田はこの点でハリルホジッチ監督を満足させるレベルにないのかもしれません。

 そしてネイマールに関していうと、PSGがバイエルンに3-0勝利を収めた試合でも、ボールタッチ数がチーム内で多いんですよ。ボールポゼッション率は高くなくても、結局入れるべきところにはパスが入っている。この試合をハリルホジッチ監督が例示したのは示唆的だと思いますね」

 ブラジルのウイングに入っている選手の特徴としては、ネイマールにしてもコウチーニョ(日本戦は欠場の見通し)にしてもインサイドに入ってくる点がある。そして空いたスペースにはサイドバックが頻繁に上がってくる。庄司氏はこの傾向がサッカー界全体のトレンドに沿ったものだとしつつ、次のように語っている。

「私が主にデータをとっているドイツでもサイドバックの位置取りは高くなっていて、ウイングみたいな仕事もするようになっています。ウイングが中へ入ってサイドバックが上がる事象に言及するとき、ドイツでは『翼を折りたたむ』という表現をあてがうのが広まっているくらいですね。

 ネイマールのような選手たちが中に入るのは、サイドバックへの『花道づくり』みたいなものと言ってもいいかもしれません。ブラジル戦は、ネイマールらへのパスコースの寸断、サイドバックに対するケアが注目ポイントになると思いますね」

ベルギー戦展望。インサイドから始まる攻撃への対処を

 欧州遠征に向けた日本代表メンバー発表の記者会見で、ハリルホジッチ監督はブラジル戦とベルギー戦について「全く違う、2つのオーガナイズになってくる」と語っていた。庄司氏によれば、確かにブラジルとベルギーでは攻撃の仕方が違っていて、別のアプローチが必要になるという。

「ベルギーはブラジルと違って、中盤中央にいる選手へ積極的にボールを入れてきます。そこでプレーするデ・ブルイネがキーになっていて、ベルギーの直近4試合のうち彼が先発出場した3試合におけるパス受けのデータを見ますと、やはり数字が大きくなっています。

 通常ここでボールを失うのは危険なのでリスクがあるパスコースになるのですが、デ・ブルイネのレベルにもなると困難な状況でも突破できてしまうので、そこで得られるリターンのほうを取るというアプローチなのだと思います。ここがベルギーの強みになっている。

 では彼に誰がボールを入れるのか。圧勝したジブラルタル戦を別にすると、3バックの両側にいる2人です。つまりヴェルトンゲンとアルデルヴァイレルト(今回は負傷により不在)です。アザールとのパス交換も多いですが、組み立て時にデ・ブルイネへボールを入れるのはこの2人が多いです

 ブラジルが外からのアプローチをしていたのに対し、ベルギーは内側から攻撃のスイッチを入れるというイメージ。アトレティコ・マドリーではFWやサイドMFでプレーしているカラスコ(今回は招集外)をウイングバックに配置していることもあるので、サイド攻撃も重視しているのだとは思いますが、主な攻撃ルートとしては外側から中央にいる選手に串刺し的にボールを入れて、そこから展開するという感じだと思います。

 日本としてはまず出し手のところをウイングがケアして良いパスを出させないようにしたい。そしてボールがデ・ブルイネのところに入ってきたときには中盤の3枚が厳しくアプローチする必要がありますね。ベルギー戦はまずここがポイントになりそうです」

 庄司氏は「ブラジルとベルギー、どちらも強豪ですが特徴は全然違っている。良いマッチメイクができたと思いますよ」とも語っていた。日本代表はロシアW杯本大会を見据えた戦い方で挑むであろう今回の欧州遠征から、どのような収穫を得ることができるだろうか。

(分析:庄司悟/取材・文:中山佑輔/データ:STATS社調べ、共同通信デジタル提供)

text by 中山佑輔