神が降り立つと聖域とされる福岡の巨石群 人名などの落書きが見つかる

ざっくり言うと

  • 福岡県の求菩提山で、神が降り立つ聖域とされる巨石群に傷が多数見つかった
  • 「山田」など人名とみられる文字や、複数の傷が表面に刻まれていたという
  • 求菩提山は明治初期まで修験道の地で、2001年に国史跡に指定されていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング