峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキー、『ぼくの名前はズッキーニ』日本語吹替版声優に

写真拡大

 クロード・バラス監督作『ぼくの名前はズッキーニ』の日本語吹替版声優を、峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーが務めることが決定した。

参考:感情豊かなストップモーションアニメ『ぼくの名前はズッキーニ』邦題&日本公開決定

 本作は、昨年のアヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2冠を射止めたアニメーション。不慮の事故により母を亡くした9歳の少年・ズッキーニが、心に様々な傷を負った仲間と居場所を見つけ出していく模様を描く。

 日本語吹替版では、主人公・ズッキーニの声を峯田が担当。映画『アイデン&ティティ』、NHK-BS プレミアムドラマ『奇跡の人』でも峯田と共演を果たした麻生が、ズッキーニの親友・カミーユ役を演じ、リリーはズッキーニを孤児院・フォンテーヌ園へ導く警察官レイモンを演じる。

【峯田和伸(ズッキーニ役)コメント】世界は取り返しがつかなくって、おっかなくって、連れていかれそうになるけど、ズッキーニといっしょに手をつないで。 観てくれる皆さんといっしょに。みたことない色といっしょに。

【麻生久美子(カミーユ役)コメント】カミーユの見せたとても綺麗な涙。なにを想って泣いたのだろうと考えると胸が苦しいけれど、同時に温かい感情も伝わってくる素晴らしいシーンでした。この感情の変化を、独特の世界観を壊さないように丁寧に演じたいと思っています。

(リアルサウンド編集部)