9日、米華字メディアの多維新聞によると、8日午後に中国・北京入りしたトランプ米大統領は、到着から約8時間後にツイッターに最初の投稿をしたという。

写真拡大

2017年11月9日、ツイッターへの投稿好きで知られるトランプ米大統領が、「国家の安全を守る」という名目でツイッターへのアクセスが遮断されている訪問先の中国でツイートするかどうかに注目が集まる中、米華字メディアの多維新聞は「8日午後に北京入りしたトランプ大統領は、到着から約8時間後に最初の投稿をした」と伝えている。

記事によると、トランプ大統領は最初に「メラニアと私は、習近平(シー・ジンピン)国家主席と彭麗媛(ポン・リーユエン)夫人に対し、北京の紫禁城(故宮)での忘れられない午後と夕べに感謝する。明日の朝、またご一緒できるのを楽しみにしている」と投稿。さらにその約40分後には「北朝鮮は米国のこれまでの自制を弱さだと解釈してきた。これは致命的な誤算だ。われわれを見くびるな。われわれを試すな」ともツイートしたという。(翻訳・編集/柳川)