三菱東京UFJが基幹店の約500店舗を半減へ 店舗を3タイプに分ける構想

ざっくり言うと

  • 三菱東京UFJ銀行が、フルバンク型の約500店舗を半減させるという
  • 約250店舗を地域の基幹店とし、周囲に相談専用店舗など約120店舗を配置
  • 店舗は主に3タイプに分かれ、統廃合で約130〜140店舗を減らす構想だとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング