乃木坂46が7日・8日、東京ドームで『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』公演を開催。デビュー以来初の単独での東京ドーム公演。2日間で10万人を動員した。8日には、ダブルアンコールを含み全32曲を披露。デビュー以来の悲願だった東京ドームでのライブ。メンバーは全力のパフォーマンスを見せた。=本編記事:乃木坂46伊藤万理華と中元日芽香がラストステージ「ありがとう」

 アンコールでは、「乃木坂の詩」をメンバー全員で届けた。

 桜井玲香は「この会場の皆さんと一緒にステージを作れたことを誇りに思っています。これからもよろしくお願いします」とステージを去ろうとすると、メインステージの正面、ホーム側スタンドのファンがペンライトで「乃木坂46 アリガトウ」と人文字をつくるサプライズ。

 「すごーい!」とメンバーが歓喜し、秋元真夏は目に涙を浮かべた。

 『真夏の全国ツアー2017』は7月1日の東京・明治神宮野球場公演を皮切りに全国5カ所13公演で合計18万人を動員してきた。5万人という今ツアー最大規模の動員数に会場周りは警察なども出動する物々しさで、お祭りのような賑やかさを見せていた。【取材=松尾模糊】

乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真)
乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真)
乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真) 乃木坂46東京ドーム公演(提供写真)
乃木坂46東京ドーム公演(提供写真)