なぜ、遠藤保仁は現役を長く続けられる?「手を抜く」秘訣がおもしろい

写真拡大

来年1月で38歳になるガンバ大阪MF遠藤保仁

近年はベンチスタートになるケースも増えたが、それでも未だに主力であり、今季のJ1でここまで28試合に出場している。

そんな遠藤が、ガンバ大阪の応援プログラム「GAMBA FAMiLY」に登場。

インタビューの中で「現役を長く続ける秘訣」を問われたのだが、「手を抜く」というその答えがなかなかおもしろい内容だった。

遠藤 保仁(ガンバ大阪)

「あんまないんすよね、秘訣がね。…ないっす」

(困ります)

「サッカーも遊びも楽しむっていうことですかね」

(全力で?)

「…いや、手抜きながら。

いや、だって絶対手を抜くことがあるじゃないですか、仕事で。あるでしょ?」

(…はい)
遠藤 保仁(ガンバ大阪)

「ほら。あるんですって、みんな。

絶対みんな100%真面目にやってきた人なんていないんで。そこは、全力で否定しますわ。

誰でも一回は手を抜いたりしたりしてると思うんで」

(ある意味、肩の力を入りすぎないことも良いってことですか?)

「うーん、上手く休むっていうね。

僕らで言うと、ボールを回しながら体力を温存していくっていう。

そういうことを練習中も、遊びの中でもやっていけば良いんじゃないですか。それが秘訣かなと思います」

「サッカーも遊びも、手を抜きながら楽しむ」と答えた遠藤。

全力で頑張ることが奨励されそうなアスリートの世界だが、「全力で?」という問いを真っ向から否定するあたりはいかにも遠藤らしい。

上手く休みながら体力を温存するというのは、遠藤のプレースタイルにも合った考え方だろう。