画像提供:マイナビニュース

写真拡大

世界中の空き部屋や家をシェアできるサービス「Airbnb」、全日本空輸(ANA)、Peach Aviation(Peach)は、11月6日に新しい旅行スタイルの普及と拡大におけるマーケティングについてパートナーシップ契約を締結した。このほど行われた合同記者会見では、今回の契約における各社の取り組みが発表された。

○三社の"新しい旅"への取り組み

パートナーシップのテーマとなるのが「新しい旅のスタイル」。「暮らすように旅する」をコンセプトに旅のあり方の変革を目指すAirbnbと、「Tastes of Japan by ANA」をはじめ日本の価値を発信するANA、「空飛ぶ電車」をコンセプトに気軽な旅を提案するPeachの三社が目指す新しい旅の方向性が共鳴し、今回のパートナーシップ契約の締結に至ったという。

気になる各社の取り組みとしては、AirbnbとANAの企画が「あなただけの自由旅」と題した特設サイト。「京町屋に泊まろう」「国内リゾート生活」など5つのテーマで宿泊プランが提案されており、同サイト経由でAirbnbの宿を予約し宿泊すると、宿泊代金に応じてANAマイレージクラブ会員のマイルが最大200マイル貯まる。さらに、Airbnb宿泊の新規予約に使える1人3,000円分のAirbnbクーポンももらえる。

AirbnbとPeachの企画は、Peachが2018年春から開設するC2C型の旅予約サービス「COTABI」のコラボレーションページ。ANAとの企画同様、同サイト経由でAirbnbの宿を予約し宿泊すると、1人3,000円分のAirbnbクーポンがもらえる。同サイトは、人気のインスタグラマーをはじめ、"人から検索する"をテーマにした新しい旅予約サイトで、好みの人物を見つけ、その人の旅行プランを参考に旅の予約ができるというものだ。

○日本の旅が変わる?

合同記者会見では各社の代表が登壇し、今後の取り組みについてコメントしたのだが、各社がこれまでとは異なる"新しい旅の可能性"に着目している点が印象的であった。

まずAirbnb Japan代表取締役の田邉泰之氏は「今回、世界をリードするエアラインであるANA、Peachと手を組むことにより、この新しい旅のスタイルを啓蒙し、地域への送客を含めた地方創生への貢献を目指していきたい」と話した。

また、ANA代表取締役 副社長の志岐隆史氏は「航空利用の旅行において、今回Airbnbとパートナーシップを組むことで、これまでにない「暮らすように旅する」新しい価値やスタイルをご提案できればと考えています」とコメント。

同様にPeach代表取締役CEOの井上慎一氏も「Peachでは、これまでも数々のイノベ―ティブな取り組みを発表してまいりました。次なるPeachのイノベーションは、新しい旅のスタイルのご提案。Airbnbとのコラボレーションをきっかけに、日本の個人旅市場にイノベーションの風を巻き起こします」と語っていた。

三社はパートナーシップにより、「日本の旅を変える、新しいスタイルを提案」という理念のもと、新しい国内旅行市場の開拓を目指していきたいというビジョンを打ち出している。今後、大きく変革していくかもしれない日本の旅行業界の動向に注目していきたい。