分裂直前のビットコインは18世紀英国の「南海バブル」そっくりだ

写真拡大

 11月にビットコインが再び分裂しようとしている。その時点は、11月16日とされている。

 これを巡る情勢は、非常に複雑で、理解しにくい。

 私はビットコインを1つの社会実験として見ているだけだから、仮に価格が大暴落しても興味深いと思うだけで、痛くも痒くもない。

 しかし、ビットコインに巨額の資金を投入している人は、場合によっては巨額の損失を被るかもしれない。現在の状況は、18世紀のイギリスで起こった「南海バブル」に似てきた。十分慎重に行動する必要がある。

「Segwit2x」が11月中旬に分岐予定
「難易度調整」を表明する取引所

 11月16日にブロックチェーンの分岐が予定されているのは、「Segwit2x」というものだ。

 これに関する事態がどうなるかについて、取引所とマイナー(ビットコイン発掘者)の行動が大きな影響を与える。

 アメリカの有力な取引所であるコインベースは、「Segwit2x」に対する発表を10月24日に行なった。そこでは、「累積難易度が高いほうをビットコインと呼ぶ(We are going to call the chain with the most accumulated difficulty Bitcoin.)」としている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)