華為(ファーウェイ)のポーランド消費者業務担当の張堅総経理は6日、同国の首都ワルシャワで取材に答える中で、「華為のスマートフォンのポーランド市場シェアが3年連続で上昇した」と述べた。写真は華為の広告。

写真拡大

華為(ファーウェイ)のポーランド消費者業務担当の張堅総経理は6日、同国の首都ワルシャワで取材に答える中で、「華為のスマートフォンのポーランド市場シェアが3年連続で上昇した。2015年上半期のシェアは10%足らずだったが、16年は通年の平均で約22%になり、17年はさらに23%に増加した」と述べた。

華為はこの日、ワルシャワ国立競技場で新製品発表会を行い、ニューメイトシリーズのスマホをお披露目した。「メイト10プロ」や「メイト10ライト」をはじめ多くの新機種が登場した。

米調査会社ガートナーのまとめた統計によると、華為のスマホの世界市場シェアは15年の7.3%から16年は8.9%に増加し、アップルとサムスンに次ぐ世界3位になった。張総経理は、「現在、ポーランドのスマホ市場における華為のシェアは2位で、サムスンを追いかけるばかりだ。ニューメイトシリーズが発売されれば、サムスンとの距離がさらに縮まるだろう」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)