井手口陽介【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間8日、ブラジル代表との国際親善試合に向けてフランスで練習を行った。

 ハリルジャパンの主力として活躍が期待される井手口陽介は、ブラジル戦に向けてイメージを膨らませている。

「個人の能力もすごいですけど、組織のサッカーをしていると言っていたので、こっちも組織でしっかり守れるようにやっていければいいんじゃないかと思う」」

 世界最高レベルのチームが相手とあって、日本は守勢に回る時間が長くなるだろう。井手口はヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「前を向かせたら終わりだと言われている」と明かし、「前を向かせないくらいタイトにつければ」と話した。

 中盤で攻守に渡る貢献が求められるが、「取った後のパスの出しどころやったり、出してからのサポートっていうのは絶対しないと前もきついと思う」と井手口は話し、「そこは守備だけじゃなくて、取った後もすぐ切り替えて攻撃に参加できればベスト」と続けた。

 井手口が出場した時、この気鋭のMFがどれだけハードワークできるかは大きなポイントになるだろう。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部