乃木坂46が7日・8日、東京ドームで『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』公演を開催。デビュー以来初の単独での東京ドーム公演。2日間で10万人を動員した。8日には、ダブルアンコールを含み全32曲を披露。デビュー以来悲願だった東京ドームでのライブ。メンバーは全力のパフォーマンスを見せた。また、今公演をもってメンバーの中元日芽香(21)と伊藤万理華(21)は卒業。それぞれ涙を見せながら「ありがとうございましたー!」とファンへ感謝の気持ちを述べた。

 『真夏の全国ツアー2017』は7月1日の東京・明治神宮野球場公演を皮切りに全国5カ所13公演で合計18万人を動員してきた。5万人という今ツアー最大規模の動員数に会場周りは警察なども出動する物々しさで、お祭りのような賑やかさを見せていた。

 デビューから5年8カ月で初の東京ドーム単独公演。「制服のマネキン」などのヒット曲から「でこぴん」などのユニット曲、アンダーメンバーの「アンダー」などグループ全員で大舞台のステージを作り上げた。

 最後にはこの日が最後のステージとなった中元と伊藤を囲み、メンバーと涙ぐみながら別れを惜しんだ。中元は「『君の名は希望』の歌詞で〈未来はいつだって 新たなときめきと出会いの場〉というフレーズが大好きで、万理華と乃木坂の未来が素敵なものになると私は信じています。これからも乃木坂のことよろしくお願いします」と挨拶。

 伊藤は泣きながら「ありきたりな言葉かもしれないけど、大好きなメンバーがいて、スタッフがいて、ファンの方がいたからここまで来れました。これからがスタートだと思うのでここからみんなで突っ走っていきたいと思います。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 そしてステージから二人で手を繋ぎ、「ありがとうございましたー!」とマイクなしで叫んでステージを去った。【取材=松尾模糊】