点灯式に出席した佐々木希

写真拡大

 表参道ヒルズが11月8日、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2017 with Panasonic Beauty」と題したクリスマスイルミネーションを本館吹抜け大階段でスタートした。「100色のクリスマスツリーの森」をテーマに、表参道ヒルズ初のアートを取り入れたイルミネーションを展開。同日に点灯式が開かれ、女優の佐々木希が登壇した。
 今年のイルミネーションは、東京の街に溢れる「色」をインスピレーション源に作品を発表するフランス人の建築家 エマニュエル・ムホー(emmanuelle moureaux)が制作した。同氏がイルミネーションを手掛けたのは今回が初めて。70センチの三角錐を重ねた高さ約7メートルの白いメインツリーを設置したほか、100色を使用した約1,500本の紙製ミニツリーで周囲を埋め尽くし、繊細で柔らかな光をまとう空間に仕上げた。期間中、30分に1回行われる特別演出「EMOTIONAL REFLECTION」では、オリジナルの音楽に合わせてメインツリーが黄色やピンク、緑、青といったさまざまな色に変化。ミニツリーと連動して輝き、クライマックスに向かってメインツリーが虹色になる演出でクリスマスムードを盛り上げる。
 点灯式に出席した佐々木希は、クリスマスをイメージして選んだというレースの刺繍が施された純白のドレスを着用。メインツリーに最後のパーツをはめ込むと点灯がスタートし、「幻想的でとても綺麗。胸が踊りました。今日来れなかった人もぜひ見に来て欲しい」と呼びかけた。