8日、中国でこのほど、小中学生の反スパイ意識を高めることを目的として制作された動画の内容が「人でなしすぎる」と物議を醸しているという。資料写真。

写真拡大

2017年11月8日、中国では2014年に「反スパイ法」が制定され、スパイ行為に関与したなどとして日本人が拘束される事案が相次いでいるが、そんな中国でこのほど、小中学生の反スパイ意識を高めることを目的として制作された動画の内容が「人でなしすぎる」と物議を醸しているという。

米華字メディアの多維新聞が伝えたもので、問題となっているのは、江蘇省南通市の国家安全局と教育局が共同で制作した10分間の動画。今月3日からネット上で公開されるや、その内容に批判や疑問の声が多く寄せられているという。

特にネット上で物議を醸しているのが、動画中のセリフ「スパイは休まない。家族の行動に怪しい点がないかよく観察し、(怪しい点があれば)国家安全当局にすぐ通報しよう。寛大な処分を得るため、正直に告白させよう」だ。記事は「大義のためには親兄弟をも犠牲にすることを奨励するような内容に、ネット上で疑問の声が上がっている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)