[11.8 J2第33節延期分 愛媛0-2京都 ニンスタ]

 台風の影響で延期となっていた愛媛FC対京都サンガF.C.の一戦は、2-0で京都が勝利。4試合ぶり白星で9試合負けなし(4勝5分)とした。一方の愛媛は前節の四国ダービーに続く連敗で4試合白星なし(1分3敗)となった。

 序盤は愛媛が攻め込むシーンが目立った。前半8分、左サイドからMF白井康介がGKとDFの間に鋭いクロスを入れるが、わずかにFW丹羽詩温に合わず。21分には、MF小島秀仁の左CKからFW河原和寿が強烈な右足ボレーを放つが、GK清水圭介の好セーブに阻まれた。

 試合が動いたのは前半35分だった。京都は右サイドからFW岩崎悠人がクロスを上げると、FW大野耀平がバックステップを踏みつつも高い打点のヘディングシュートをゴール右隅に突き刺し、先制点。常葉大学浜松キャンパスから今季加入した大卒ルーキーがJ初ゴールを決めた。

 1点ビハインドの愛媛はハーフタイムでFW近藤貴司を下げてMF神田夢実を入れる。だが、一進一退の攻防が続くと、京都が18分にFW大黒将志を投入。これが奏功する。19分、白井のバックパスに反応した大黒が右足ダイレクトでシュートを流し込み、2-0。37歳FWの2試合連続ゴールでリードを広げた。

 愛媛は直後にFW有田光希、後半36分にMF小池純輝をピッチに送り込む。攻勢を強め、積極的にシュートを放っていったが、京都の集中した守備を崩すことができず、そのままタイムアップ。京都が中2日での試合を2-0で制した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第33節延期分 スコア速報