“ビッグ3”不在のハリルJ、新たな牽引役として存在感を放つ二人の選手とは?

写真拡大

同じ86年組の本田と岡崎落選を受けて、長友は「覚悟して戦いたい」と心新たに

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日にフランスのリールでブラジル代表、14日にベルギーのブルージュでベルギーと国際親善試合を行う。

 11月シリーズの招集メンバー25人から、MF香川真司(ドルトムント)、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の三人が選外となり、“ビッグ3落選”は海外でも報じられた。そうしたなか、二人の選手がトレーニングで先頭を切って走るなど、チームの牽引役を担うべく大きな存在感を放っている。

 一人目はイタリアの名門インテルで長年戦い続けるDF長友佑都だ。代表出場歴は現代表のなかでMF長谷部誠の105試合に次ぐ二番目の99試合で、大台にあと1試合に迫っている。

 本田と岡崎は同じ1986年生まれ組の戦友であり、2008年北京五輪をはじめ、10年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と14年ブラジルW杯でも同じピッチに立つなど、A代表でも長年共闘してきた間柄だ。同世代の二人が代表から外れ、後輩の香川も落選の憂き目に遭ったなか、長友はチームを引っ張る心構えを示すかのようにランニングでは最前列に立った。

「1試合で評価が変わる世界で、生き残り続けることの難しさを改めて痛感します。この試合で結果を残せなければ、次はないと覚悟して戦いたい」と、代表合流前にSNSで綴るなど長友は心を新たにしている。

6日合流の槙野も雰囲気作りで一役買う

 一方、6日から合流した浦和レッズのDF槙野智章もチームを盛り上げている一人だ。持ち前の明るいキャラクターでムードメーカーも担う男は、長友と並び先頭で走り込むなど全力の姿勢を前面に押し出した。

 また、ピッチを離れてもチームメイトとの結束を積極的に深め、初合流後には早速SNSに写真をアップ。「初日の練習終わり。こちら寒いですが、相変わらず賑やかな雰囲気でやっとります」と綴り、「#大迫はんぱないって」と冗談まじりにいじるなど、チームの雰囲気作りに一役買っている。

 香川、本田、岡崎の三人を外したハリルホジッチ監督は、「就任1日目の会見でも言いましたが、各自が戦ってA代表の席を勝ち取らなければいけない。パフォーマンスが良ければ、名前は関係ない」と断言した。“ビッグ3”不在のなか、長友や槙野らも生き残りを懸けて懸命のアピールを続けている。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web