フジホーム 「第36回JAPANTEX2017」に出展

写真拡大

 トーソー(株)のグループ会社で介護用品メーカーのフジホーム(株)は、「第36回JAPANTEX2017」(会期:11月15日(水)〜17日(金)/東京ビッグサイト)に、トーソーブース内にて出展する。

 高齢化が進む昨今、インテリアショップや家具店などでもステッキ他介護用品を取り扱うショップが増加している。今回の出展は、そうした新たなニーズに向けてトーソーグループからの新提案となる。ブースでは「素敵なステッキ」をテーマに、ワンランク上の本格革製「グランデル」、おしゃれなカラーが特徴の「フラミンゴN」、イタリア製の「ワールド・シリーズ」といった、これまでの「杖」とは一線を画した、デザイン性の高いステッキが紹介される。

 また「暮らしぼっこ」のブースでは、インテリアコーディネーターが選んだ6メーカーのカーテン生地にてステッキを製作して展示する予定。さらに最終日17日のステージA「暮らしぼっこ第6弾」(15:30〜16:30))では、そのステッキを使用してステッキダンスを踊る予定である。