8日、中国メディアの海外探客は、韓国の文在寅大統領が「反日メニュー」でトランプ米大統領をもてなし、安倍首相は日韓外交戦で敗北したとする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年11月8日、中国メディアの海外探客は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「反日メニュー」でトランプ米大統領をもてなし、安倍首相は日韓外交戦で敗北したとする記事を掲載した。

記事は、安倍首相がトランプ氏が大好物というハンバーガーでトランプ大統領をもてなしたのに対し、韓国側はそれに負けじと夕食会で、島根県・竹島の韓国名を冠した「独島エビ」という、日本の神経を逆なでするようなメニューを出したことを紹介した。

その上で記事は、「この『反日メニュー』は間違いなく日本に恥ずかしさと怒りを感じさせるだろう。韓国側は自国の利益を訴えるためにトランプ大統領が訪問したこの機会を利用した」とし、「安倍首相のハンバーガーは明らかに見劣りし、首相は先に手の内を見せて劣勢に立たされたことを後悔しているかもしれない」とした。

また、安倍首相が「ドナルドとシンゾー、より一層の同盟関係を築く」と刺しゅうされた帽子をトランプ大統領に贈ったことについて、記事は「日本の後塵を拝するわけにはいかない韓国側は、文大統領がトランプ大統領夫妻に韓国を代表する工芸品の真鍮(しんちゅう)製の匙(さじ)と箸、石鍋を贈った」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)