左上から時計回りに大倉孝二、ブルー&スカイ、池谷のぶえ、いとうせいこう

写真拡大

ジョンソン&ジャクソンの新作公演が2018年6月から7月にかけて東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!ほかで上演される。

【もっと画像を見る(2枚)】

俳優の大倉孝二と劇作家・演出家のブルー&スカイによるジョンソン&ジャクソン。2014年に第1回公演『窓に映るエレジー』、昨年に第2回公演『夜にて』を上演した。

新作公演には大倉孝二とブルー&スカイに加え、いとうせいこう、池谷のぶえが出演。公演タイトルなどの詳細は後日発表される。東京公演のチケットは2018年4月に発売予定。

大倉孝二は同公演について「今回は、二人で始めた原点に立ち戻り、少人数で自由にやってみましょうかということで、お声がけをしたところ、これ以上無いお二人に出演頂けることになり、悪いことばかりじゃないなと思いました」と明かしているほか、「音楽的なことは今回も絡ませていきたいと思っています。演劇的なものになるかわかりませんが、“変なもの”にしたいです。せいこうさんや、池谷さんの持っているものも借りて“くだらなさの研究”みたいなものができたら、むしろ僕らが学べたら、と思っています」と意気込みを語っている。

またいとうせいこうは「今回出演がかない、なおかつ大好きなコメディエンヌ池谷のぶえさんと一緒で楽しみで仕方がありません。ただ、四人しか出ないのでセリフが多くなりそうで心配です。私の性根が芸人で役者ではないこと、ブルー&スカイが理解していてくれるのを祈るのみです」とのコメントを寄せている。

■大倉孝二のコメント
前回の公演が終わって、ジョンソン&ジャクソンを今後もやっていきたいという気持ちを、ブルー&スカイと確認しました。今回は、二人で始めた原点に立ち戻り、少人数で自由にやってみましょうかということで、お声がけをしたところ、これ以上無いお二人に出演頂けることになり、悪いことばかりじゃないなと思いました。
「自分たちが何をやりたいか」とともに、今回は「お二人にどう面白がってもらうか」も大事だと思っています。どんなことを面白がるのだろう、とお二人のアイデアも頂きながら、着地点は決めきらないで、創る過程を楽しみながら、探していきたいです。
音楽的なことは今回も絡ませていきたいと思っています。演劇的なものになるかわかりませんが、“変なもの”にしたいです。
せいこうさんや、池谷さんの持っているものも借りて“くだらなさの研究”みたいなものができたら、むしろ僕らが学べたら、と思っています。

■いとうせいこうのコメント
ジョンソン&ジャクソンに出たいとずっと願っておりましたし、たぶんメンバーの二人にも言ったと思いますが、連中は忘れているでしょう。私は舞台で笑いをやる機会を失っていたからです。今回出演がかない、なおかつ大好きなコメディエンヌ池谷のぶえさんと一緒で楽しみで仕方がありません。ただ、四人しか出ないのでセリフが多くなりそうで心配です。私の性根が芸人で役者ではないこと、ブルー&スカイが理解していてくれるのを祈るのみです。