みずほFGが支店の半数を小型化検討 組織のスリム化と収益力の強化図る

ざっくり言うと

  • みずほFGが全国の店舗の半数を小型店舗に切り替える検討をしている
  • 今後10年程度で、1.9万人分の業務量削減を目指している同社
  • 支店網の再編と合わせ、組織のスリム化と収益力の強化を図る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング