「これを今言ってもわからないだろうなあ」と部下にアドバイスをするのを諦めているという事例、よく耳にします。今回の無料メルマガ『飲食店経営塾』では著者で若手飲食店コンサルタントとして活躍中の中西敏弘さんが、そんな対応こそが部下の成長を妨げていると指摘し、たとえ現時点では理解できなくても大切なことを伝える重要さを説いています。

自分の成長を阻害するのは、「自分の視野だけで」考え判断してしまうこと!

普段、ご支援先の研修や勉強会で、また、コンサルティングを行っている際に、僕がいつも意識していることは、「今すぐ理解できないことでも、大切なことはどんなことがあっても伝えよう!」いうこと。

スタッフからすると、「この人何言っているの?」と思われても、半年後、1年後、そのスタッフが「あの時言われていたのはこういうことだったんだ」と分かってもらえればいいという思いで、いくらスタッフから煙たがれようと変な顔をされようと、言うべきこと、伝えるべきことは言おう、話そうと思っています。

時折、経営者・幹部の方から「今、話しても分からないから伝えないんです」と大切なことであっても、重要なことであっても「あえて」スタッフに伝えない、話さないという方がいらっしゃいますが、僕はそれは良くないことだと思っています(もしかしたら、私が大切だと思っていても経営者や幹部が大切だと思っていないから伝えない、話さないのかもしれませんが…)。

スタッフが、大切だけど、重要だけど理解できないのは、「その時点での知識・経験が不足しているから」だけ。決して能力がないとか、上司の意見を聞きたくないというわけではありません。

だからこそ、今理解できなくても(理解できないことでも)、「この先こういうことが必要になってくるんだよ。だから、今、君に伝えているんだ」という思いで話し・伝えうことが重要です。そして、意見されたこと、助言されたことをスタッフが意識して日々を過ごしていれば、必ず「あっ、これってこういうことなんだ」と理解できる日がきます。

上司の立場にある人が、スタッフの「感情面」ばかりを気にしすぎて言うべきことを言わなかったり、ちょっと難しいことを伝えようとしないのは、スタッフの成長を阻害していることになり、自分の役割・責任を果たしているとは言えないと考えるべきでしょう!

一方、反対の立場、つまり、「スタッフ側からの視点」で言えば、上司や周囲の方からアドバイスをもらっても、「何それ?」「言っている意味が分からない」と思うことが多々あるはず。しかしそれは、「『今の自分』には理解できない」だけの話。これを自分で知っているか、もしくは、分からなくても素直に受け取れるかどうかで、この先の「自分の成長」に大きく関わってきます。

上司や周囲の人が、何か助言をするのは、それがあなたにとって「今必要だ」「仕事をうまく進めるためには絶対に重要だ」と感じたからであり、決して、負担を増やそう、嫌がらせをしようと思っているわけではありません。だからこそ、アドバイスを受けた人は、時には「言われたことが理解できない」ことであっても、「とりあえず、やってみよう!」という姿勢・意識がすごく大切なのです。

すると、「やっているとき」はワケが分からずやっていても、後々、結果が出だし、「あっ! そういうことなんだ」とやってみて分かることがたくさん出てくるはずです。これが出来る人が「素直な人」と言えるかもしれませんね!

言われたこと、助言・アドバイスを受けたことが理解できないのは、「もしかしたら、自分の知識・経験が足りないからかも…」と素直に思える、考えられるかどうかが自分の成長を促すことに繋がるのです。

反対に、自分の視野だけで考えすぎてしまったり、判断してしまったり(そのアドバイスは全く意味がないで自分で勝手に判断してしまう)すると、自分の成長を阻害していると考えてもいいのではないでしょうか? 自分を成長させたくないのであれば、誰の意見も聞かず、「我が道を行く」でも構いませんが、そんな人で成功している人を僕自身見たことがありません。

「どんなことでも、素直に人の意見、アドバイスに耳を傾け、とにかくやってみる」

すごく難しいことですが、自分を成長させたいのなら、これを日々意識して行ってみてはみるべきでしょう。きっと半年後、1年後に「違った」自分と出会えるはずです。

MAG2 NEWS