ロッキーズのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】

写真拡大

5年連続ゴールドグラブ賞、8月にはファウルゾーンから驚異の“反転スロー”が炸裂

 米大リーグの守備の名手を表彰する「ローリングス・ゴールドグローブ賞」が7日(日本時間8日)に発表され、ナ・リーグの三塁手部門でロッキーズのノーラン・アレナド内野手が5年連続5度目の受賞。捕球の技術はもちろん、図抜けているのが、超人的な強肩だ。今年8月の試合ではゴロを処理し、ファウルゾーンから反転スロー。ノーバウンドで一塁アウトに仕留め、当時は「プレーオブザイヤー」の声も上がっていたが、守備の最高の栄誉という形で結実した。

 メジャーを代表する名三塁手に節目の金字塔が打ち立てられた。アレナドは5年連続5度目のゴールドグラブ賞を受賞。主砲として37本塁打を放った打撃はもちろん、26歳にしてメジャーを代表する守備の名手の位置を確立した。

 なかでも、ファンに鮮烈なインパクトを残したのが8月22日(日本時間23日)のロイヤルズ戦。1-0とリードして迎えた3回の守備だった。

 先頭のエスコバルが捉えた痛烈な打球を三塁線方向へ。ワンバウンドして高く弾んだ打球に対し、アレナドはジャンプして左手でグラブを懸命に伸ばし、なんとか追いついた。しかし、態勢は崩れ、体は三塁ファウルゾーンに大きく流れていた。次の瞬間、背番号28はとんでもない動きを見せる。

ひねって、飛んで、一塁へ矢のような送球…ノーバウンド一塁到達で悠々アウト

 着地して細かく2、3歩ステップを踏むと、体をひねって飛び上がりながら右腕を振り抜いた。体勢を崩していたとは思えない矢のようなレーザービームが一塁へ。一塁手レイノルズの胸元にしっかりと届き、悠々とアウトにしてみせた。

 当時は驚異の“鬼肩”送球をMLB公式動画サイト「Cut4」が公式ツイッターに動画付きで紹介。「このスローは非現実的だ」「一日中、このプレーを見ていられる」などと驚きがファンから上がり、「プレーオブザイヤーだ」との言葉もあったが、まさにゴールドグラブ賞という形で結実した。

 5年連続で守備の栄冠を手にしたアレナド。果たして、来シーズンはどんなプレーでファンを沸かせてくれるのか。早くも期待は高まってくる。