画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ディーアンドエムホールディングスは11月8日、デノンのコンパクトBluetoothスピーカー3モデルを発表した。いずれもEnvaya(エンバヤ)シリーズに属し、ブラックとブラック/グレー(ストライプ)の2色を用意。11月下旬より発売する。価格はオープン。推定市場価格は、高出力の「DSB250BT」が22,000円前後、スタンダードな「DSB150BT」が17,000円前後、小型軽量の「DSB50BT」が12,000円前後(いずれも税別)。

○DSB250BT

DSB250BTは、定格出力が13W+13WとハイパワーなBluetoothスピーカー。2基の40mmフルレンジドライバーと53×135mmの大型パッシブラジエーターを搭載。コンパクトなきょう体ながら、パワフルなサウンドを出力する。音量に合わせて音響特性を最適化するDSPテクノロジーにより、インドアでもアウトドアも明瞭で広がりのあるサウンドを楽しめるという。

Bluetoothの対応コーデックはSBC / AAC / aptX。最大8台のマルチペアリングが可能、2台の同機種をペアリングしてのステレオサウンドも楽しめる。

IP6X相当の防塵とIPX7相当の防水に対応。内蔵バッテリーによる動作時間は約13時間で、フル充電には約3.5時間が必要だ。ハンズフリー通話のほか、SiriやGoogle Nowにも対応する。本体サイズはW209×D74×H77mm、重量は750g。

○DSB150BT

DSB150BTは、定格出力が7W+7Wのモデル。パッシブラジエーターのサイズは40×83mmで、バッテリー動作時間は約11時間、本体サイズはW187×D63×H65mm、重量は541gとなっている。その他の仕様はほぼ共通。

○DSB50BT

DSB50BTは、定格出力が5.5W+5.5Wのモデル。パッシブラジエーターのサイズは40×83mmで、バッテリー動作時間は約10時間、充電時間は2.5時間。本体サイズはW163×D56×H58mm、重量は390gとなっている。その他の仕様はほぼ共通。