葉加瀬太郎が「校長」に就任、ヴァイオリン・スクール「葉加瀬アカデミー」開校

写真拡大

ヴァイオリニスト葉加瀬太郎が校長を務めるヴァイオリン・スクール「葉加瀬アカデミー」が2018年4月に開校する。開校に伴い島村楽器が、葉加瀬太郎氏が音楽監督を務めるレーベル「HATS」を手掛ける株式会社ハッツアンリミテッドとともに、ヴァイオリン・セットの販売や楽器レンタル、認定コーチによる島村楽器音楽教室内での葉加瀬アカデミーコース開講などで提携することを発表した。

「葉加瀬アカデミー」は、葉加瀬太郎が独自に開発したヴァイオリン練習メソッド「葉加瀬メソッド」を提供するオンライン型のヴァイオリン・スクール。葉加瀬太郎の数々のヒット曲やクラシックの名曲を演奏レベル別にアレンジしたオリジナルの練習曲を通じて、葉加瀬太郎ならではの幅広い音楽ジャンルに対応した演奏技術を楽しく習得することができる。

最大の魅力は豊富なコンテンツ。オリジナル楽譜、解説動画、お手本動画、伴奏音源、指番号表示、弓使い表示などの豊富な教材コンテンツを最新のデジタル技術を活用してオンラインで提供。会員は、スマートフォン、タブレット端末、パソコンなどを通じて、いつでもどこでもヴァイオリン練習が行える。

会員に一人ひとりに合わせたレッスンのカスタマイズも特徴の一つ。ヴァイオリンの演奏技術を体系化した420のレッスンを、会員の技術レベル、嗜好、目的などに合わせてカスタマイズした練習メニューとして提供。伴奏音源やメトロノーム再生・表示では、技術レベルに合わせたスピード・コントロールを利用できる。

さらに会員向けコンサート、合同合奏会、サマースクールなどのイベント展開をはじめ、多彩な会員向けサービスも展開。葉加瀬アカデミーが実施する規定の研修を受講した上で認定された「葉加瀬アカデミー」の正規のコーチング・スタッフである「葉加瀬アカデミー認定コーチ」による「オンライン・チェック」や対面レッスンのマッチング・サービスも行う。「葉加瀬アカデミー」では、ヴァイオリンの演奏技能に秀でているだけではなく、会員のヴァイオリン練習を支援する指導力を持った認定コーチを独自に募集・育成していく。