代表初招集のMF長澤が軽妙ジョーク、報道陣を笑わせた「浦和より…」の一言とは?

写真拡大

「やっと呼ばれたとは思わない」と強い思いを垣間見せる

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表に初招集されたMF長澤和輝(浦和レッズ)は、国際親善試合のブラジル戦(10日)とベルギー戦(14日)に向けて指揮官に「1.5列目」での起用をアピールしている。

 その一方で、初招集とは思えない落ち着いた様子で、報道陣から笑いを誘う一幕もあった。

 ボランチにも対応可能な長澤だが、所属する浦和では堀孝史監督が就任以降、インサイドハーフを主戦場としている。代表でのポジションは定まっていないものの、「チームでやっているところと近いところ、1.5列目というか、攻撃的MFの方が攻守で良さが出せるかなと思う」と、指揮官に自らの特徴を売り込んだ。

 リーグ戦に加え、AFCチャンピオンズリーグ準決勝の上海上港戦でも活躍し、ハリルホジッチ監督のお眼鏡に適った。25歳での代表初招集は「すごく嬉しいこと」ながら、「やっと呼ばれたとは思わない」と断言。胸に秘めた強い思いを垣間見せた。

 かつてケルンで共闘したFW大迫勇也から代表チームの情報を収集し、「チームメイトや現状の話は聞きました」とすんなり溶け込んでいる模様だ。そうした余裕もあってか、代表初の囲み取材では軽妙なジョークも飛び出した。

ハリルも一目惚れした男が口にした冗談

 5日からフランスのリールで始まった代表合宿は7日で3日目を迎え、トレーニング後に長澤は報道陣の前で立ち止まると、落ち着いた様子で語り始めた。ハリルホジッチ監督の印象について問われ「分かりやすい指示」を挙げつつ、トレーニングに話が向くと冗談を口にした。

「浦和よりは練習が長かったかな」

 代表練習のハードさを長澤流に表現し、報道陣をにやりとさせたが、それは心の余裕とも受け取れる。「Jリーグとは違いますけど、プレッシャーのスピードやハードにやる部分で頭を切り替えていけばいい」と、過度の気負いは一切感じられない。

 ハリルホジッチ監督も一目惚れした自然体の男は、ロシア・ワールドカップに向けた“秘密兵器”となるのだろうか。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images