@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

コーンズ東雲/大阪「Officina」に

世界20の市場で展開する48のフェラーリ正規ディーラーが、フェラーリ・クラシケ認定ワークショップ、別名「Officina」(オフィチーナ:イタリア語でワークショップ)に指定された。

これによって、指定されたディーラーは、フェラーリ・クラシケ鑑定プロセスを実行し、製造から20年以上経過したフェラーリ車両の適切な維持/修理が可能となる。

各オフィチーナ・フェラーリ・クラシケは、マラネッロの工場にあるフェラーリ・クラシケ部門から直接サポートを受けることになる。

そのかわりに専用のワークショップ・ランプを整備し、フェラーリ・クラシケのメンテナンス、修理、及び証明書の発行を専門に行うためのトレーニングを受け、適切な資格を有したフェラーリ・クラシケ・サービス・テクニシャンの常時在籍が必須となる。

オフィチーナ・フェラーリ・クラシケは、フェラーリ・クラシケ認定プロセスを通じて、車両価値の維持を保証し、さらにフェラーリブランドの技術と、顧客が所有しているフェラーリ・クラシケ車両と認証への投資を保護する高品質のサービスを提供。

また、フェラーリ・クラシケ証明書の発行に向けて、主要部品およびコンポーネントの再設計が必要となった場合、その作業は全てフェラーリ・ファクトリーが実施する。

日本では、「コーンズ 東雲サービスセンター」(東京・江東区)と、「コーンズ 大阪サービスセンター」(大阪市・住之江区)の2拠点が「オフィチーナ・フェラーリ・クラシケ」に認定された。