石川遼、体調不良をおしてのプロアマ出場となった(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇8日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
日本ツアーに復帰してから自己ワーストタイの4戦連続予選落ちを喫している石川遼。明日から開幕するこの「三井住友VISA太平洋マスターズ」へ2年ぶりに出場する。2010年と12年に制している相性のいい大会。ここで復調のきっかけをつかみ、結果を残せるかが今後に大きく影響することになりそうだ。

しかし、石川は「月曜から調子が悪く、いわゆる風邪の症状(主に発熱、頭痛、喉の痛み、鼻水)です」と体調を崩してしまった。昨日は練習を休み、この日プロアマ戦に出場はしたものの、「薬を飲んでいますが、まだ熱が下がっていないので決して本調子とはいえない」状態だ。
今週はスイング中に「体の開きを極力抑えることを」を意識して練習。「課題の完成度は40%ですが、徐々に良くなっていると思います。今日のプロアマ戦はドライバーの調子がいいので、試合でどの位の精度でできるか楽しみです」と手ごたえは感じている。
「大会3勝目を目指して頑張りたいです。良いゴルフができれば優勝するチャンスはあると思うので全力で頑張ります」と目標を語った。体調は万全ではないが、思い出の詰まったこの大会を悔いなく戦いきることができるだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
「素晴らしい2人!」トランプ大統領、松山英樹&安倍首相と約2時間のラウンド
【最終章】美人記者コンビの霞ヶ関CCに行ってみた!【同じハンバーガーが食べたい!】
石川遼が参戦濃厚?2018年ウェブドットコムツアー日程