Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、11月8日、AI音声アシスタント「Alexa」の日本語対応を発表。Alexaに対応した「Amazon Echo」「Echo Plus」「Echo Dot」の3種のAIスピーカーの国内販売を開始した。現段階で購入できるのは、招待状を受け取った顧客のみである。

Amazonが開発するAIアシスタント「Alexa」は、これまで英語・ドイツ語に対応し、そのユーザー数はすでに数千万人に達している。この度、同社は「Alexa」の日本語対応を発表。招待制で「Amazon Echo」「Echo Plus」「Echo Dot」3種のAIスピーカーの発売を開始した。

AIアシスタント「Alexa」は、クラウド上に構築されており、Amazon Web Servicesの活用により、常に賢く進化を続けている。「Amazon Echo」は、デバイス側でウェイクワードである“Alexa(アレクサ)”を検知すると、Echoのライトがブルーに光り、Alexaがリクエストを処理するクラウドへとストリーミングを開始。あとはAlexaに話しかけるだけで、質問への回答や音楽の再生、ニュースの読み上げ、タイマーやアラームのセット、カレンダーのチェック、スポーツの試合結果の確認、さらには、部屋の照明のコントロールなど、日常のさまざまなシーンを手助けしてくれるという商品である。

価格は、スマートスピーカー「Amazon Echo」が11,980円。スマートホームハブ内蔵で他デバイスと接続できる「Echo Plus」が17,890円、コンパクトモデルの「Echo Dot」が5,980円。amazonプライム会員であれば、本日から11月17日23時59分までの間、Echoが4,000円引きの7,980円(税込)、Echo Dotが2,000円引きの3,980円(税込)で購入できる。

2017年秋は、LINEの「Clova WAVE」(2017年10月5日発売)、Googleの「Google Home」(2017年10月6日発売)、ソニーの「LF-S50G」(2017年12月9日発売予定)、今回の「Amazon Echo」と、各社からスマートスピーカーが出そろう年となった。残念ながら、Apple「HomePod」の日本発売は未だ発表されていないが、各種スマートスピーカーが鎬を削る年となるのは、間違いなさそうである。

Amazon.co.jp
URL:https://www.amazon.co.jp/
2017/11/08