@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

ー MY18 トリム2種に 右ハンドルも
ー 2種 グランスポーツとグランルッソ
ー レヴァンテ・グランスポーツの詳細
ー レヴァンテ・グランルッソの詳細
ー 先進運転支援システム(ADAS)の採用
ー レヴァンテSに右ハンドルを追加
ー レヴァンテ 各トリム車両本体価格(税込)

MY18 トリム2種に 右ハンドルも

マセラティ車のマーケットをギブリと共に大きく拡大した立役者が同社初のSUVとなるレヴァンテである。2016年にデビューして以来ワールドワイドで好評を博し、今やマセラティの生産台数の57%を占め、日本でも50%がレヴァンテで記録的な販売台数をマークし続けている。

2018年モデルからギブリと同様にグランスポーツとグランルッソのトリム・オプションが用意されたことに加え、レヴァンテSに右ハンドル仕様が追加されたのがニュースといえる。

今のクルマには不可欠な装備になった先進運転支援システム(ADAS)や、ソフトクローズドア機構を搭載したことが特徴だ。

2種 グランスポーツとグランルッソ

これまでレヴァンテはエンジンの種類、チューニング違いで3タイプが用意されてきたが、トリムは1種類のモノグレードだった。

2018年モデルからはクアトロポルテ、ギブリに続きグランスポーツとグランルッソのトリム・オプションを設定。それぞれのトリムの特徴を次の項で見ていこう。

レヴァンテ・グランスポーツの詳細

エクステリアでの特徴はブラックのフロントグリル、ブラック仕上げのアンダーガード、ノーズのトライデントにブルーの色差しがされ、サイドスカートはボディ同色となる。

細かい部分ではブレーキ・キャリパーが標準でブラックとなり精悍なイメージとなっている。またギブリと同様にフロント・フェンダーのホイールアーチ後方にはグランスポーツのバッジが付く。

インテリアではスポーツ・ステアリングホイールや12ウェイ・スポーツシート、スポーツペダルなどを備え、グランスポーツの名にふさわしいスポーティな仕立てとされている。

レヴァンテ・グランルッソの詳細

グランルッソ仕様のレヴァンテは、シルバーのフロングリルとメタリック仕上げのアンダーガードを備えて軽快なイメージでまとめられている。このほかボディ同色のサイドスカート、漆黒のブレーキ・キャリパーが標準となる。こちらもフロント・フェンダー後方下にはグランルッソのバッジが輝く。

インテリアはルッソの名にふさわしくSUVとは思えぬ豪華な仕立てとされている。エルメネジルド・ゼニア製のシルク・マテリアルを中央に配したレザーのフロントシートは、12方向電動調整式のコンフォート・シートを採用して快適性も追求する。

ダッシュのトリムはウッドとされ、ハーマン・カードン・プレミアム・サウンド・システムが備わる。細かな部分では点灯式のサイドシルが特別感を演出してくれる。

先進運転支援システム(ADAS)の採用

今回のマイナーチェンジではギブリと同様に先進運転支援システム(ADAS)がレベル2に進化して用意された。これまでのシステムに加え、アクティブ・ブラインド・スポット・アシスト、レーンキープ・アシスト、道路標識認識機能が追加された。

レーンキープ・アシストを採用したことから、ギブリと同様に電動パワーステアリング(EPS)が導入されたのがメカニズム面の大きな変更点になる。オンロード、オフロードで快適かつ安全なハンドリングを実現したという。

レヴァンテSに右ハンドルを追加

これまで導入されていたレヴァンテはすべて左ハンドルで、購入をためらっていた方も見受けられた。2018年モデルからレヴァンテSに限り右ハンドル仕様が追加されたのは大きなニュースだ。日本での使い勝手を考えると右ハンドルに勝るものは無く、好調な販売台数をさらに伸ばすキーのひとつになろう。

レヴァンテ 各トリム車両本体価格(税込)

レヴァンテ・ディーゼル

ベースグレード:9,867,000円
グランルッソ:11,163,000円
グランスポーツ:10,817,000円

レヴァンテ

ベースグレード:10,908,000円
グランルッソ:12,042,000円
グランスポーツ:11,858,000円

レヴァンテS

ベースグレード:12,918,000円
グランルッソ:13,782,000円
グランスポーツ:13,695,000円