犬も笑う?

わ!今、犬が笑った!!そんな経験はありませんか?実際に犬は笑ったりするのでしょうか。犬は「おもしろい」と感じて笑うことはないのだそう。しかし「笑顔」になるのは事実としてあります。

いったい、どういった理由でどんなタイミングで笑顔になるのでしょうか。

嬉しい時と楽しい時

犬が笑う理由の一つとして「人間の真似をしている」のだそう。犬が飼い主さんの表情を見て「学習」して、真似をすることで笑顔に見えることがあるのです。また、人間だけでなく、他の犬の真似をすることもあります。もちろんどんなに真似をしていても、声に出して笑うことはありませんが、人間の表情を真似て笑顔のような表情を作ることができるのです。

特に犬は飼い主さんの感情に敏感な動物。飼い主さんが嬉しい時や楽しい時の表情をしっかりと見ているのです。それを学習して自分でも「嬉しい時」や「楽しい気持ち」を同じ表情で表そうとしているといわれています。この相手に伝えるしぐさを「カーミングシグナル」といいます。犬は表情で相手に気持ちを伝えることができるのです。

また、笑顔を見せることで飼い主さんが喜んでくれた経験がある場合、それも学習として刻まれ、繰り返し同じ表情を見せるようになるのだそう。嬉しい感情や楽しい感情が笑顔とつながった時、犬もその感情を表情で表すことを学ぶのです。

服従している時

舌先を出して口を横に広げ、荒い息遣いをする。これも一見、笑顔に見える表情の一つですが、この犬が口角を引くといった表情は「服従する」という気持ちを表しています。牙が見えていたらそれは敵意を表すことになるため、この表情の時は牙は見せません。この表情をしている時は笑顔に見えても、少し恐怖心を抱いている可能性があるのだそう。

笑顔になるタイミング

犬は「嬉しい時」「楽しい時」「服従している時」に笑顔になることが分かりました。具体的にはどういったタイミングがあるでしょうか。以下の3つは犬が笑顔を見せやすいタイミングだといわれています。

1.名前を呼ばれた時2.飼い主さんが笑顔の時3.おやつを与える時

犬によってその表情を出すタイミングはそれぞれ違いますが、どれも嬉しい時、楽しい時に見せてくれます。飼い主さんが楽しそうであれば、犬も嬉しいのです。愛犬の笑顔を見るためにも、飼い主さん自身が笑顔でいることを心掛けたくなりますよね。

また、笑顔が分かりやすい犬種として、「チワワ」「ポメラニアン」「柴犬」「ゴールデンレトリーバー」「プードル」などがあげられます。これらの犬種が笑っているように見えることが多いのだそう。理由としては元々表情がはっきりした顔の作りをしていることと、短毛種のため表情が見えやすいことがあげられます。

まとめ

名前を呼ばれた時飼い主さんが笑顔の時おやつを与える時

犬も嬉しい時や楽しい時は笑顔になることが分かりました。また、それは本能によるものではなく、飼い主さんと生活して、飼い主さんの表情を真似をすることで学習するもの。そう考えたら、たくさんの笑顔を愛犬に向けたくなりますよね。

うちの愛犬は笑顔を見せないわ?という飼い主さんは、今回ご紹介した3つのタイミングでたくさん飼い主さん自身の笑顔を見せてみてはいかがでしょうか。犬の中で嬉しいことと、笑顔が結び付けばきっと笑顔を見せてくれるかもしれません。

飼い主さんが笑えば愛犬も笑い、愛犬が笑えば飼い主さんも笑う。そんな幸せな連鎖がたくさん続くといいですね。